スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

久々ベアーズ

明後日土曜日から夫の実家へ家族みんなで行きます。
夫の実家はアメリカNY州。
"ニューヨーク"と言えばマンハッタン・・・から車で8時間、飛行機で2時間かかるあの大都会とは程遠い場所。

そして8人兄弟である夫の双子の妹の1人が私たちが夫の実家に行っている間に結婚します。
彼女は再婚、だんなさんになる人は初婚。
彼は彼女より6つ年下だったかな。
彼女もすっかり私と仲良しです。

このニュースを聞いたのが2週間前。
夫に、「お祝い、どうする?」と言うと、「クマがいいなあ。」と。
で、作っちゃいました。
JCbears.jpg

巷で言われる"ウェディングベア"の甘い感じが私にはどうもやっぱりニガテで、こんなシンプルに落ち付きました。

2人とも目が青いので、思い切って青を。
青い目は白いクマくらいにしか似合わないだろう、と思ってたのですが、今回この考えを打ち砕きました。

ベアの洋服を作ったのも初めて。
オーバーオールもちょっとサイズがきっちりになりすぎちゃったけど、彼らも服脱がしたりして遊ぶような年じゃないし、ま、これも愛嬌。
生地は去年アメリカで買っていたもの。
雰囲気もとってもアメリカン。(と夫が言っていた)
今まではベアに服は自分としては行き過ぎかなあ、なんて思っていましたが、これも今までの考えを総崩し。
なんだかはまりそう!・・・・かも。

時間もあまりない!
と思いつつもそれでもギフトボックスくらいはできそう。
で、できちゃいました。
GiftBox4JC.jpg

開けたとこ。
GiftBox4JCopen.jpg

ちょっとだけ花柄。
これなら甘すぎない。

喜んでくれるといいけど。
「子供用ちゃうの!?」って思われるかも。
それでもいいかな。

明後日出発だと言うのに、まだスーツケースさえ出していません。
でもいっつもこんな感じ。
そして最後の日はいつも寝不足。

帰ってくるのは今月の31日です。
それまでメールや、コメントの返事ができないと思いますが、ご了承ください。

ではでは、暑いドイツだけど、さらに暑いアメリカへ行ってきます。
スポンサーサイト
2006年07月14日 | Comments(10) | Trackback(0) | テディベア

もう使ってくれないかも。

事故してからなんだかスムーズにことが進まない、というか・・・。

先週木曜日にBMWの扉をちょこっとだけ凹みをつけられ、金曜から丸3日間は今度はインターネットが使えない状態に。
原因はワイヤレスネットワークのハブが故障しただけだったんだけど。

そして庭にでかいビニールプールを膨らませて置いているんだけど、もちろんちょっとずつしぼんでいくので、夫が再び膨らませようと膨らませる機械を持ってきたはいいけど、作動しない・・・。
ま、これはたいしたことないんだけど。
それでもなんだかおかしくない?

うまく何でもことが運ぶことに感謝しなくちゃ。

そして先週事故っていたにもかかわらず、龍ちゃんのためにカルトナージュ。
CapPlacase1.jpg

開いたとこ。
CapPlacase2.jpg

大きさ約30x25x10cm。

急いで作ろうと思うとなかなかできなくて、ゆっくり作ればいいや、と思うととっても早くできるもの。
気持ちの問題なんだけど、以前は作る過程より出来上がりを急いでいた時期もあったので、一つ一つの工程を楽しみながら作り上げる、と言うことを今更ながら実感しました。

これは龍ちゃんが2歳のときに日本に帰っていて(私が)はまって溜まったカプセルプラレール用の整理箱。
下段はレール、上段は電車、サイドの深い所は情景パーツ。

今までは日本の郵パックの箱にすべて一緒にぐちゃぐちゃに入っていたので、作りたいなあ、とかなり前から思っていたのでようやく作ったわけですが。。。。

カプセルプラレールは普通のプラレールとは違い、やっぱり機能もかなり劣ります。
龍ちゃん、もうあんまり遊ばないんだけど。

しかも箱のふたに選んだ布地はこれまた龍ちゃんが2歳のときに日本から送ってもらったサンリオの新幹線柄。
もうあんまり興味ないかも。。。。

こんなマイナスイメージばかりでできた箱ですが、部屋の中では前の郵パックなんかの箱よりも見栄えはよし。

実は、まだ龍ちゃんに「これ作ったよ」と見せていません。
8月、アメリカから帰ってきてから見せようかな、なんて気の長いこと思ってます。

そうそう、友人から手作りのストロベリーソースをいただいたので、「ベリーソース」、と言えば、もちろんチーズケーキ!
CheesecakeStrawberrysauce.jpg

ストロベリーの時期のストロベリーだけに本当にストロベリーの味がします。
この文章、変だけど、ストロベリーの味のしないストロベリーってたくさん出回ってるんだもの。

I Love Cheesecakeなわけで、やっぱりスイーツはやめられません。

ドイツの煙突掃除人と握手した後は・・・。

これは昨日の続きと考えてもらってかまいません。
昨日のブログを読んでいない方は、長いですがまず昨日のブログを読んでくださったほうがわかりやすいと思います。

昨日、無事に煙突掃除人と半ば無理やり握手をして幸運をねがった私です。
そしてその後の今日は!?

朝、龍ちゃんを幼稚園に連れて行ったあと、友達とフランクフルトへ。
私の今借りているBMWで行く勇気はさらさらなかったので、友人の車にて。

私より何度もフランクフルトに来ている彼女とランチ。
おいしい所を教えてもらいました。
らみーちゃんも始終よい子でした。

話は弾み、そして幼稚園に龍ちゃんたちを迎えに行く時間。
お母さんたち、子供たち、和気藹々と帰って行きます。

昨日よりは涼しくなった日に幸せを感じる素敵な一日。

幼稚園の駐車場に停めていた私が借りているBMWの横に停まっていた車の扉を思いっきりある幼児が開けるまでは。。。。

BMW、扉に凹みが!!!

マジなきそー。

その子のお母さんがちゃんと見ていて、「ちゃんと払うから」と言ってくれたものの、やっぱりショックでした。

なんだか車にいい縁がなさげな日々。
もう事故なんか起こしませんように。

昨日の握手は意味なし!でした。。。。
レンタル会社に届けなきゃ。。。
2006年07月06日 | Comments(8) | Trackback(0) | ドイツ

ドイツの煙突掃除人

ここ、ドイツでは一年に一度煙突掃除をしに"煙突掃除人"が家へ来ます。
その煙突掃除人、家に来て煙突を掃除してくれるとともに幸運を運ぶ、とも言われています。
ある人は「触らないと来ないよ」とも言います。

でも、その幸運を運んでくれる煙突掃除人を追い返すとどうなるか!?

月曜、朝、アポなしでうちに呼び鈴が。
郵便配達人かな? などど思いながら扉を開けると去年からうちに来てくれてる煙突掃除人が!

とても背が高くて超イケメンな兄ちゃんなので、即、家に入れたいところだけど、週末に帰ってきただんなのスーツケース、プラス中身が散在していて、その上月曜なんて一番散らかっている日。

その掃除人を目の前に凍り付いてしまった私はそれなりに家の中のありさまを頭の中に思い巡らせ、"これはまずい"信号が。
「家の中、とっても散らかっているので今日はだめ。」
「じゃあ、明日、9時から10時の間は?」
「息子を幼稚園に送りに行っていないかも。」
「じゃあ、12時は?」
「OKです。では明日!」
・・・と幸運をもたらす煙突掃除人を追い返してしまいました。

何が待っている!?
幸運とは引き換えに!?

龍ちゃんを幼稚園に迎えに行った帰り・・・・交通事故してしまいました。

いつも通っている道。
ただただ暑い。
ワールドカップもありクレイジーなドライバーが増えているにもかかわらず、私は愛車(でもないか)日産ミクラ(日本ではマーチ)に乗って、そんな人たちをよそにもせずマイペースで帰っていました。

前に急に入ってきた大きなバンの急ブレーキ。
もちろんすぐ後ろの私も急ブレーキ。
そして私の後ろももちろん急ブレーキ。

私は急ブレーキを踏んだ瞬間、後ろから追突されるのはわかっていました。
"絶対前の車には触れるもんか"
こう思いながらミクラのブレーキを踏んだまま。
前の車にはかすりもしませんでした。

すべてが止まって後ろの車の運転手と助手席に座っていた友人であろう人が降りてきて、私にすぐさま「大丈夫ですか、大丈夫ですか?」と聞いてきました。

一番先に頭に浮かんだのは後ろの座席に乗せていた龍ちゃんとらみーちゃん。

龍ちゃんは私が降りて開けっ放しにしていた運転席の扉から出てきて、「レッカー車、来るの? レッカー車でこの壊れた車運ぶんでしょ!?」と興奮しています。

「あ、こいつは大丈夫。でもベビーは!?」
とらみーちゃんを覗き込むとすやすや寝たまんま。

私の車は後ろのバンパーがダメージを負っただけ。(に見えた)
後ろの車はコンバーチブルの車体の低い真っ赤なスポーツカー。
・・・かわいそうに、私のミクラなんかよりもダメージがひどい。
ミクラを馬鹿にしていましたが(と言うか幼稚園のお母さんの中で一番小さくチープな車)ここでは見直しました。

彼らも動揺を隠せない様子でした。
警察を呼ぶこともなくお互いに保険会社や連絡先などの交換をしてそれぞれその場から去りました。

家に帰ると隣のだんなさんが庭で働いていたので事情を話すと、車を見てくれ、トランクが鈍い音と主にあいたのを最後に閉まらなくなってしまっていました。

家に入って会社にいる夫に電話。
その日は早く帰って来てくれ、ドイツ語がかなり話せるので、保険会社などに連絡してもらいました。

事故自体は本当にたいしたことなかったのでよかったのですが、自分でハンドルを握っていて同乗者がいて事故を起こす、と言うのほど怖いものはない、と実感しました。

「煙突掃除人を追い返したからじゃない?」なんて夫に冗談で言ってみたものの、半ば本気で考えるようになっていました。

保険会社の対応もよく、翌日(昨日)の朝、車の修理屋が来てミクラを取りに。
バンパーだけじゃなく、トランクを開けて換えのタイヤのところを開けるとそこにもダメージが。
時間がかかる、と言うのです。
それでも10日くらい。

そしてその間、レンタカーを借りるのですが、日本で免許を取ったのはマニュアル車だったのに、もうオートマ車しか乗れないのでオートマを借りなければ。
ただヨーロッパにいる問題は、オートマ車なんてめったに見つかるものじゃない。
99%くらいがマニュアル車。
レンタカーでは小さくてオートマ車なんていうのは皆無。

保険会社の契約しているレンタカーやでは全部出払ってない、というのです。
特にサッカーのワールドカップがあるんだもの、外国から来て車を借りている人も多いでしょう。

オートマ車の帰ってくるめどは金曜だと言います。
龍ちゃんの幼稚園の送り迎えを幼稚園のお母さんたちに頼まなきゃ。
で、何人かに頼みました。

「でもそういえば、今日は煙突掃除人、来ないなあ」
本気で来て欲しい(イケメンだからじゃなくて)、と思ってたのに、音沙汰なし。

でも、そんなところに電話が。
レンタカー会社から。
「今日、一台戻ってくるよ、でも、貴方の家には届けることはできないからこっちに来てください」と。

夫に「煙突掃除人は来てないけど、ラッキーは来たよ」と電話。

そして夫が帰ってきたら、家の扉に煙突掃除人が来た、というメッセージが。
私はうちにいたのに。
どうやら音楽を聴いていて呼び鈴が聞こえなかったみたい。
申し訳ない。
ラッキーだけ置いて行ってくれたのか。

そして昨日から乗っている車がこれ。
BMW500.jpg

BMW500!!

いきなりミクラからこんないい車。
最初は怖かったけれど、今ではこっちに慣れてしまうのが怖い。
すべてにおいてミクラとは比べようのない車。
言い始めればキリがないので、"比べようがない"と、これだけ言っておきます。

車には疎いけど、BMWに乗るのが小さな夢でした。
それを夫に言うと、即効「I'm sorry・・・・。そんな収入はないよ。」と。
買ってくれ、なんていってないんだけど。

一度大きな家に住むと小さな所には住めない、と言うのを聞いたことがあります。
ちょうどそんな感じなのでしょう。

車は動けばいい、運べればいい、と思ってた感覚が変わりそうです。
ミクラが帰ってくるまでの贅沢。
思いっきり楽しみたいところだけど、やっぱりまだまだ怖いので無茶はしないようにしよう。
自分の車じゃないんだし。

そして今日、12時、あのイケメン煙突掃除人はやってきました。
昨日、呼び鈴が聞こえなかったのを誤って。

彼が家を出て行くとき、"Danke "と、いつもは求めなかった握手を。
幸運がまた一年続きますように。
そして今度はどれだけ家が散らかっていても彼を追い返したりしないようにしようと思っています。


2006年07月05日 | Comments(10) | Trackback(0) | ドイツ

リメイクVol.3

・・・・と言いつつ、また作ってるやん!

よだれかけです。
いい加減"スタイ"って言わなきゃ。。。。
Bibpyjama.jpg


またまたリメイクです。
今度は新品のベビーパジャマから。
これが元のパジャマ。

Pyjamabefore.jpg

この下に長袖のシャツもあります。

らみーちゃんが生まれたときはとってもいいお天気で暖かかったのに、退院するころには何故かまた冬が戻ってきた!? と言った寒い日々が続きました。
で、買っていたパジャマ。

使えそうだけど、夜中にオムツを替えるのにこのパジャマは不便!
何故って、股の所にホックが付いてないのです。
これ後と脱がさなきゃいけないわけだし、新品だから誰かに、とも思ったのですが、この不便さを知ってて誰かにあげる、なんて、なんてイジワル。

だから形を活かせるよだれかけ。("スタイ"って言おうよ、"スタイ"って。)
ボタンも元々付いてたもの。
裏地をつけてバイアステープでくるんだだけ。

そうそう、バイヤステープって、やっぱり日本のほうがかなり豊富。
ここドイツにもあるけれど、あれだけ色んな色、幅、生地がそろってるのは日本だけじゃないかなあ?
それだけこだわる人が多いのかな。
ドイツには"微妙な"色合い、と言うのがありません。
原色は絶対にあるけど。
ソーイングの材料を探すにはやっぱり日本に住みたい、と思います。

ドイツはずっと暑いお天気が続いています。
お隣さんは「サッカーのために世界中から人が来るから、こんないい天気が続くのはいいことだ」と言っています。
確かにそうですね。

明後日、7月4日はアメリカ独立記念日。
今日はアメリカ人宅にそれをお祝いするBBQだと御呼ばれしています。

何か食べ物を持っていくので何がいい? アメリカンサラダ!? と聞くと、「Japanese Sushi!」と言う答えが。。。
アメリカ独立のお祝いちゃうの!? 
・・・なんでもいい、主催者は「I Love Sushi!」だそうで、うちを呼んだのもこれが目的!?(あ、こんな考えはいけないなあ)
龍ちゃんは半分アメリカンだし、そこの家の女の子のことも大好きだし、ま、いいんすけど。
集まる口実みたいなもんかな。

・・・なもんで、今から山ほど寿司を作ります。
といっても暑いから生魚は使わない。
だって、お腹壊されたら一番に疑われるのは寿司やんか。。。。




2006年07月02日 | Comments(4) | Trackback(0) | ソーイング
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。