スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

11月は龍ちゃんの誕生日で盛り上がりの月でした。

みなさま、こんにちは。
今月、11月はあと残すところあと2日半。
12月になって、それはそれは師走に走っていただきます。

今月半ばは龍ちゃんの6歳の誕生日でした。
6年前に産んだなんて信じられないくらい早い。
あの頃の写真からは今の龍ちゃんの成長ぶりを想像できませんでした。

新しいフランスの学校にも慣れ始めてきたころで、今月最初には2つ、バースデーパーティーに呼ばれ。。。やっぱ、うちもしなきゃな。

龍ちゃんの誕生日のすぐ後に学校の友達のうちに赤ちゃんが産まれました。
スイス人なんだけど、寿司が大好きだ、という人なので、産んだクリニックに寿司を作って行きました。
その時みた赤ちゃん・・・・ちいさ~い!!

6年前は龍ちゃんもこんなだったんだ、と。
第一、1年半前のらみーちゃんもすっかり大きくなっているので、生まれたときの大きさなんかす~っかり忘れてしまっていました。
産んだときは、「一生忘れない」なんて思ってるのに。

その後すぐベルギーから友達一家が遊びに来てくれて、なんだかほんとに忙しい。
で、龍ちゃんのバースデーパーティーをその翌週末の25日に決定。

準備しなきゃ~。

去年はドイツで、室内のプレイグランドがあって、子供たちのパーディーをするには最適な所でした。
人数分の料金を払えば、ランチも出してくれるし、ケーキさえ持って行けばこっちのもの。
子供たちは遊びたい放題、散らかしても、片付けてくれるのはプレイグラウンド側。

去年は6か月のらみーちゃんもいたし、それに即決定。

今年は…?

龍ちゃんがお呼ばれしてた2回のパーティーはどちらもその室内プレーグラウンド。
どうやらかなり新しいらしい。
で、料金調べたら、ドイツの2倍近くはする!!

度肝を抜かれ、うちですることに。

ゲームを考え、グレーのブロックむき出しのままの地下をプレーグラウンドにすることに。
そして、今回のテーマは題して「海の生き物」。

まずは魚釣りゲーム。
中途半端な布がいっぱいあったので、魚たちを作っちゃえ。
seacreatures.jpg

なんだか魚たちの形はその半端な布を最大利用できるように縫いました。
そこで出たカス的な布は魚たちの中に詰めちゃえば、ごみも出ないし、一石二鳥。
出来上がりにフェルトで目と、ひれをつけました。
釣り竿は庭で切り落としていた木の枝。

そして、地下室。
思いっきり塗っちゃいました。
creaturesdeoceanA.jpg

↑壁一面、4メートルはあります。

creaturesdeoceanB.jpg

creaturesdeoceanC.jpg

下地から龍ちゃんも一緒にやってくれて、特に、生き物たちに色を塗るのはとってもたのしんでいました。

はみ出ても、間違えても大丈夫。
上からまた塗れるので修正がきくし。
龍ちゃんも何色にするか、決めてくれ、私が色を用意して、あとは塗り絵の如く。

出来上がりよりも、子供たちが喜んでくれるのが一番の目的なので、細かいことは気にしな~い。
引っ越したらおいてかなきゃいけないし。

そして、地上階は、こんな感じ。
birthdaydecoration1.jpg

birthdaydecoration2.jpg

色画用紙で、切り絵をし、窓に張ったもの。
波部分はラッピングペーパーをローリングカッターで、波波に切っただけ。
龍ちゃんも形を切ってくれ、すべてに目と口を描いてくれ、パパがらみーちゃんを外に連れ出してる間に、窓にくっつける。
もちろん龍ちゃんと。

最初は龍ちゃんが寝静まってから私が一人でして、朝起きたら「サプライズ!」にしようかとも思ったのですが、それよりは、一緒に準備するってことのほうが大事じゃないかを思えてきて、一緒にしました。
龍ちゃん、ほんとによく頑張ってくれました。

そしてテーブルにも。
cakeenbateaux.jpg

ベーキングペーパーで船を折り、ケーキを焼き、つま楊枝に参画に切った紙を貼り、ヨットに。

むか~し、拾ってきてとっていた貝殻に5色のきらきらの糊(gritters)をつけおきました。
子供たちに「持って帰っていいよ」というと、気に入った貝殻をちゃんと持って帰ってました。

ストローにもイルカやカニや、熱帯魚の切り紙を両面からひっつけて、選んだものに名前を書き。。。こうすれば誰のか一目瞭然。

折り紙でもイルカやペンギン、ヨットを折って並べていたのですが、馴染みがないためか、イマイチ把握できていないようでした。
文化の違いだなあ、と。

ケーキは2種類。
チョコレートムースをスポンジケーキの間に挟み、生クリームで覆ったもの。
ダークチョコレートで魚やカニの形を作り、デコレーション。
gateaumousseauchocolat.jpg

そして、女の子が多かったので、ピンクも。
というか、それも理由の一つだけど、龍ちゃん、ラズベリームースが大好き。
なので、ラズベリームーズケーキ。
gateaualafranboise.jpg


みんなで、魚のお面を作ったり。
大満足のパーティーでした。
もうここまで来ると、子供たちが満足したか、というより、ママの自己満足の範囲に入ってしまいました。

今回6人来てくれたのですが、思ったこと。
女の子のほうがパワフルで扱いにく~い!!!
誰だ? 小さいころは女の子のほうが楽だって言ってたのは!?
自分が子どもだった時のことはどうだったか覚えてないけど、これから近い先、らみーちゃんがこんなになっていくのかと思うと、貧血でも起こしそうです。

そうそう、前々回くらいのブログで、「次回はカルトナージュ」とか書いてましたが。
できているのですが、写真も撮ってないし、子供用なのですが、それを実際に使わせるのはこのパーティーの後にしよう、と思っていて、またそれが正解でした。 そうじゃなきゃ、すでに壊れてそうな感じでした。

そして、現在、作っているのは久々のベア。
夫の去年夏に結婚した妹さんに赤ちゃんが誕生したので、夫が、「クマつくって」と、そういうことになったわけです。
どんな子に出来上がるかなあ・・・。
スポンサーサイト
2007年11月28日 | Comments(15) | Trackback(0) | 龍ちゃん

今更、今年のハロウィーン報告

もう11月に入って一週間以上が過ぎ、「もうブログなんて~」と思いつつも、こんな私たち家族のことを気にしてくれている人が思ったより居てくれていて、やっぱり「元気にやってるよ」近況報告がてら、子供を寝かしつけた後、眠たい目、何にもやる気ないモードで頑張って書きまっす!

毎年10月31日はハロウィーン。
でも、なんだか今年、引っ越してきたパリではそんな兆しもなくさびし~感じだったのですが。

龍ちゃんの学校では一応ハロウィーンの仮装行列をする、ということで、いつものバットマンコスチュームに身を包み、学校内のみでの行進。
はたから見てれば全くもってイマイチだったけれど、やってる本人たちは楽しんでいるようなので、「温かい目」で見守りました。

去年はフランクフルトの学校でも仮装していくのですが、この学校ではハロウィーンだけど、「仮装しとけば何でもあり」状態で、スーパーヒーローや、プリンセス、海賊、などなど。

でも、今年の学校では違うぞ。
みんなほとんどがちゃーんとハロウィーン。
パンプキンに魔女、お化け、ガイ骨などなど。(龍ちゃんいわく忍者もいたらしいけど)

私も今まではそんなあんまり気にしなかったハロウィーン。
どうせアメリカもんだろう、とタカをくくっていたハロウィーン。

でも、5歳の龍ちゃんが今年はやる気!?

10月26日の学校が終わって、10日間の休みに入ったフランスですが。
だんなの12歳の娘も来たわけですが。
旦那ははたらいてるわけで。。。すが。

せっかく子供が季節の行事を張り切ろうというのだから、親がほっとくのはやっぱりできない。
というか、龍ちゃんに乗せられ、私もハロウィーンモードに気持ちが切り替わったわけです。

引っ越しして荷物の中から見つけたそれまで家にあって開けてもなかったハロウィーンのデコレーション(ほとんどがだんなが私と出会う前に買っていたもの)を龍ちゃんと開け、リビングルームをとりあえず飾る。
なんだか物足りないので大きいスーパー、カルフールへ。
あんまりない中からちょこっとだけ。

ペーパークラフトでお面を作り、黒い紙をコウモリの形に切って窓に貼り、そしてお化けちゃんたちも。
fantomesdehalloween.jpg

白い布に白いボタンを貼り付け目に。 
目立たないけど、ま、お化けとは目立つもんじゃないでしょう。
これ作ったら、龍ちゃんが「かわいい~、かわいい~」と自分の部屋に持って行ってしまいました。

そしてハロウィーンの日にはみんなでハロウィーンチョコレートマフィン(写真撮る前にみんなで平らげちゃった。)と型抜きクッキー。
halloweencutoutcookies.jpg

クッキーというか、バターサブレかな。
アーモンドパウダー入りで香ばしい。

そして毎年私たちの行事であるかぼちゃのランタン。
jackolantern2007.jpg

このでかかぼちゃも、今年は探しましたね~。

トゥールーズでも、フランクフルトでも農家から直接買ってたのに、パリにはそんなもんねーよ、やっぱりスーパーにて。
いつも3つは買うけど、許容範囲にはいるのがなくて今年は2つ。
龍ちゃんと私でかぼちゃに絵を描き、カットアウトはパパの役目。

らみーちゃんは、ライオンの姿に。 
しばらくは着てたけど、足の裏に滑り止めがないし、しかもうちのリビングなどの床はタイルなので、それじゃなくてもこけまくってるらみーちゃんなのに、ライオンで滑る滑る。
まだ1歳時にはハロウィーンを楽しもうなんて早いのかも。

街中にはちょっとだけ仮装して歩く子供もいたり。
私は魔女帽子(ウィッグ付き)をかぶり、気分だけ。

夜、キャンディーを欲しがってうちにやってきたのは3人組の勇気ある男の子たちだけでした。
うちは勇気なくておうち留まりでした。

ハロウィーンが終わって一週間たって、やっとデコレーションを片付けました。

季節ごとの行事を楽しむのってやっぱ大事だな~、と今年はかなり実感。
アメリカ人夫を持つうちの家庭の次の行事はサンクスギビング(感謝祭)なのですが、これは七面鳥でも焼いてればいいの?
とにかく食べるんですよね、この日は。

なにより、子供と一緒に楽しめるってのはやっぱり楽しい。
そーだ、サンクスギビングの前に龍ちゃんの誕生日があった。
今、これに向けて盛り上がり中です。

なんだかやたらと長くなってしまいました。
お付き合い、ありがとうございましたっ!




2007年11月11日 | Comments(2) | Trackback(0) | Happy days
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。