スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

カルトナージュの残った小さい厚紙利用法 Part1

今まで、そーんな数でカルトナージュの作品を作ってきたわけではありませんが・・・。
それでもどうしても残ってしまう小さいグレー台紙(カルトン)やカルトネットの端切れ。

私の場合、もういらない紙は必ず小さくてもリサイクルしています。
「チリも積もれば山となる」
環境のことをちゃんと考える旦那を持ち、リサイクル王国のドイツに住んだおかげで私の心もできることはリサイクル。

そして今までは小さなグレー台紙などの端切れで、ミニミニ箱を作ってきました。
もうビーズアクセサリーを作って売ったりしていないので、それらを入れてお渡しすること機会もなく。。。 

それでも人と出会うことが多く、ちょっとした贈り物好きな私はよくタッグを使うことがあります。
今まではただの画用紙のような紙で、スクラップブッキングの紙や残り布を貼ってタッグにして名前を書いたりしてましたが、そうだ、どうせ貼るなら残りの厚紙使っちゃえ。
といっても、2mmの厚さのはかなりの厚さがあり、やってませんが、1,5mmの厚さなら大丈夫。

tagstagstags.jpg

写真では見えにくいですが、厚さのある厚紙を適当な大きさに切って、両面にスクラップブッキング用の紙などを貼りました。(写真上段の真ん中は違いますが)

1) 残った厚紙(1,5mm以下)を適当な大きさに切る(3x4cmとか、5x5cmとか)。

2) 好きな紙(スクラップブッキング用とかフィレンツェの紙とか色画用紙とか和紙なんかも)に貼り付け、乾いたら厚紙に沿って切り取る。 
裏面も。

3) パンチで穴をあける。 (これで厚すぎて無理な場合は、紙を両面に貼る前に厚紙に穴を開けて、片面紙をはったら最初の穴に合わせてあけ、裏面も同じように)

4) それだけでもOKですが、クラフトパンチで開けたモチーフを貼ったり、アイレットをつけたり、レタリングシートで文字をつけたり。 

文字を書く場合(あげる人の名前とか)は、片面にちゃんと書けるような紙を選びましょう。

ほんっと遊び感覚で出来ちゃいました。
落書き帳の最後の残った厚紙でもできますね。
画用紙の厚さのより、しっかりしててなんだか嬉しい。
気がつけば111個できていました。 

はっきり言って、スクラップブッキング用などの残りの紙も利用できるわけです。

今まで3~4cm以下の厚紙を捨ててた方、捨てる前に何かを生み出しましょう!


スポンサーサイト

居合道新陰流パリセミナーと、4月の積雪

やっぱり一週間以上が経過してしまいました。
先々週末、居合道新陰流のパリセミナーがありました。

2000年に始まって今回で9回目。
オランダでも2004年からセミナーが毎年行われています。

私も初回から、パリでもオランダでも何度か通訳しました。
ほんとは毎回したいのですが、やっぱり幼子の母親である、という現実。
ベビーシッターさんに面倒見てもらった時もあるけれど、やっぱり2日間は厳しいようです。

とはいってもうちの旦那はもちろん毎回参加。
これが彼の生きがいの一つであるといっても過言ではないのです。

2000年に初めて出会った日本の先生方。
私は毎回お会いできたわけではないのですが、お会いするたびに、かないいいエネルギーをもらってしまいます。
私も居合道をはじめたくなるくらい。(始めないことに決めたんだけど)
今回の参加者~。
stagedeiaido2008.jpg

私は毎回みんなのカメラを持って写真を撮ってます。
なので、探しても私はいませんよ~。
龍ちゃんが先生の膝に座ってます。 
らみーちゃんはどっか行っちゃった。

今回、自宅がパリになったので、先生方を木曜の晩、御招待。
短い時間ではあったけれど、とても楽しかったです。
一番楽しかったのは、龍ちゃんかも。

新しい人がうちに来るたびにまずやってもらうこと。
Wiiでその人たちのMiiを作ってWii Sportsで対戦することです。
その前の週末のスペインからの友達もやっぱり龍ちゃんの相手になってました。

もしかして先生方のほうが楽しんだかも。。。(笑)
ほんとに毎回毎回、時差もあるのにすごい大変なスケジュールで、すごいなあ、と思っています。
先生方、ほんとにほんとにお疲れ様でした。

金曜からはボルドーからの参加者にうちに泊まってもらいました。
でも、いつも夜いないので、龍ちゃんとWii対戦はお預けでしたが。

という来客、プラス、セミナーに持って行くためにまたまたケーキばっかり焼いてました、この週末も。
食べてくれる人がいるのはほんと幸せ。

そしてセミナーの後、旦那が購入した袋竹刀、その入れ物を作りました。
やっぱり和風。
fukuroshinaibag1.jpg

帆布を使いました。
こんなに分厚い生地を使うのは初めて。
最後、裏返すとき、結構体力使いました。  
しわができちゃったけど、旦那は大満足。

で、袋竹刀とは?
ずぱり、袋に入ってる竹刀です~。
fukuroshinaibag2.jpg

使い方? 
居合道では刀(居合刀)を使うのですが、これは?
よくわかりません。。。

私の趣味も旦那はサポートしてくれてるから、旦那の趣味も、たまにはサポートしてあげなきゃね。

そして、今日は4月8日。
昨日の月曜日、朝起きてシャッターを開けたら、一面銀世界!?
naigeaparisenavril.jpg

4月だよ、4月!
しかも今年(今冬)の初雪!?
ちらっとは降ったことはあったのですが、積ったのは勿論のこと。
天気がよかったので、お昼までにはすっかり溶けちゃいましたが。
naigeaparisenavril2.jpg


この半年、なんだかずっと中途半端な冬のままです。
たぶん春も来ないでそのまま夏が来ちゃったりするんだろうな。。。 
は~るよ来い!


2008年04月08日 | Comments(2) | Trackback(0) | Happy days

イースターホリデー、友達一家フロムスペイン

ついこの間、師走だったと感じているのに、もう今日から4月。 1月も2月も3月も師走っていうんだっけ!?

それはさておき、先々週末、イースターのお休みでした。 と言っても、フランスではイースターフライデーと呼ばれる金曜日はちゃんと学校もある普通の日で、イースターマンデーである月曜日がお休み。 ドイツでは金曜日もお休みだったと思うのですが。
でも、南の国、スペインではこれまた休みが違うらしく、イースターに入る前の水曜から翌月曜までお休みらしい。 いいなあ。

で、そんな国から友達一家がその休暇を利用してはるばる車で遊びに来てくれました!

大学こそは違うけど、大学時代に知り合った私の友達、スペイン人の旦那さん、そして3歳の男の子。
3年ぶりなんだけど、そんなに日が経ってるようには思わない、でも、子供を見て「ああ、もうこんなに月日が流れてるんだ」と実感。

当時、彼女はアメリカ大好きで「絶対アメリカ人と結婚してやる!」と、そしてスペイン大好きだった私は「絶対スペイン人と結婚してやる!」と張り切っていたのに、2人とも逆になっちゃいました。

とりあえず彼らたちを迎えるのに、ウサギのチョコレートをベッドサイドテーブルに。
売ってる中で一番大きいのをゲット。 高さ、15cmくらいはあるよね?に、お店でみたミニラビット(これはほんとに小さかったんだ)が粗いリネンのミニバッグに入っていたので、それをヒントに私も作っちゃいました。
abagforeasterbunny.jpg

ほんとは顔がのぞかせられる深さにしたかったんだけど、できてみたら耳しかのぞかない。

そして3歳の息子君にはドイツで買ったチョコレートの詰め合わせ。
chocolatebugbag.jpg
セロファンの袋にチョコレートを入れます。
スクラップブッキング用の紙をセロファン袋の幅に2本切り、長くつなぎあわせます。
中身が見えるように卵型に窓を切り抜き、袋が収まるように折ります。
ペーパーと袋ごと穴を2つあけ、リボンを通しました。

実は、そのリンツのウサギチョコ、全部でうちに10匹もいたんです。 残りの9匹は中くらいのと小さいのでしたが、旦那が買ってきた、私が同じ日に買ってきた、そしてスペインから来た友達が持ってきた。。。 みんな考えることはどうやら同じ。。。

そして6歳の龍ちゃん、もうかわいいサンリオの新幹線からは卒業。
残っていた布を利用して、巾着3つ。 3歳なら喜んで使ってくれるだろうと。
bagsShinkansen3.jpg


帰る前の晩、料理好きなスペイン人の旦那さんはスペイン料理に腕をふるってくれました。
fideua.jpg

フィデウア、という料理です。 パエリヤがご飯なら、これはパスタ版。
彼出身のバスク地方の料理ではなく、カタルーニャ地方の料理だそうです。
本来なら短いスパゲティを使うらしいのですが、スペインでは簡単に手に入ってもフランスではどうやら普通に手にはいらないらしい。  かなり細くて短いのならあるんですが、それは「違う」らしいです。
なので、普通のスパゲティを手で折って作ってくれました。
めっちゃめちゃおいしかったです!! 
一応、作り方も教わったので、今度は忘れないうちに自分でやってみようと思います。

その残った材料を利用して、翌日、帰る前にこれまた旦那さんがご飯のパエリヤを作ってくれました。 写真撮るの忘れちゃった。 けど、うまかった!

やっぱり世の中うまくできてる。
友達の旦那さんと私=料理好き。
私の友達と私の旦那=食べるの好き。 食べ終わりの片付け係り。(家ではそうやんなあ?)

来る前には「らみーちゃんがいるからまじでおかまいできへんよ」と口を酸っぱくして言ってたのに、やっぱり作るよね。
ケーキに、ご飯系(あ、これはあんまり力入れなかったけど)、そしてチョコレート!

イースターサンデーの日曜の朝にはエッグハント(卵探し)。
前夜に大人4人でチョコレートの卵やウサギ、その他の形を(見えるように)隠し、朝起きたら、子供たちが探すのです。
庭でやりたかったけど、この週末の天気ははっきり言って良くなかったし、まだまだ寒かったので断念。
でも子供たちは張り切りました。mosaic.jpg

一番張り切ってたのは龍之介ですけど。
その日に見つからなかったチョコレート、翌日に目に入ったようで、また一日「チョコレートはないかなあ?」と探し続けてました。
実は、何十個、とあったのですが。。
友達にも持って帰ってもらったのですが。。。。
龍ちゃんは学校でも金曜日にエッグハントをしてチョコレートを持ち帰ってたのですが、全然食べない。
ので、聞いたら「だって、あんまり好きじゃないんだもん」。

旦那が全部食べてしまわないうちにケーキの材料になっちゃうんだろうな。っていうか、すれば、龍ちゃんも食べるんです。

とにかくとにかく楽しかった今年のイースター。
遠いのに、来てくれてほんとにありがとう。 
ここにも一生付き合っていくだろう友達がいました。
スペイン大好き龍ちゃんも「スペインに行く約束をした」と私に誇らしげに語ってくれました。
今度はどれだけ大きくなってるだろうね。
それでも私たちはいつ会ってもあの時の関係のまま気を使わずに行き来できるんだろうね。
ほな、またな!




2008年04月01日 | Comments(2) | Trackback(0) | Happy days
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。