スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告
コメント

管理者だけに表示する

甘いものはやっぱりやめられない、だから自分で作る!?

私はお菓子を作るのが大好き。
らみーちゃんも私が作っていると必ず椅子を持って来て横で手伝い+αをしてくれます(しでかしてくれます)。
毎日毎日作ってた時もあり、でも、最後の最後まで食べてくれるのは旦那。

龍ちゃんなんて、初日はちゃーんと食べてくれるのに、よほど気に入ったものでない限り、ちょっとでも日が経ってくると、もう手もつけない。

2月中、アメリカに出張に行っていつものように体重増加で帰ってきた旦那。
私もがんばって、作るのやめよう。

と、しばらくケーキのない日が続いたら、それはそれで旦那にとってはさびしい日々になるみたい。
去年だったか、私の兄が録画して送ってくれたDVDの番組の中に、「ミルクレープ」の映像が。
旦那はそれを初めて見て、「何あれ?」と興味津々。

ミルクレープなんてただのクレープをクリームはさんで重ねただけじゃん、と、この人生においてまったく興味がなかった私。
フランスでも見たことがないよ、と、Googleで調べてみたら、あるんですね~。 びっくり。

そのミルクレープが旦那は「作りたい」と、何週間かいい続け、とある週末、ほんとに自分で作ってしまいました。
mille-crepes.jpg

苺があったので、それも乗せて。

大きさ直径約30cm。
うちのクレープパンが大きいからなんだけど、レコード盤の大きさ!

子供たちは大喜び。
で、肝心のお味は!?

しょっぱい!?

・・・と旦那に言うと、クレープ生地のレシピに砂糖が入らないので、だからじゃないか、と。
塩は入ってるんですねえ。。。

クリームを作るとき、砂糖はどれくらいかと聞かれ、「10%くらい」といったので、クリームに対して10%にしたらしい。
肝心の生地が甘くないんじゃ砂糖が少なすぎるう。

と、その上からがんばって粉砂糖をたくさんふりかけ、やっとまともになったかな。
「お前はそんなに砂糖を上乗せして何で太らないんだ~!?」とぼやいてました。
だって、食べる量自体が違うじゃん。

なので、これからミルクレープを作ろう、と思ってる方はクレープ生地のレシピに砂糖が入ってなくても、ある程度は入れましょう。
ちなみに、うちのレシピは、フランスのコルドンブルーのレシピブックです。

週末の朝食によく作ります。
その時は、ハム、チーズ、そして卵を入れて食べるから、砂糖はいらないんです。

<レシピ> 6枚分

小麦粉 50g
塩 小さじ1/4
卵 2個
牛乳 100ml
とかしバター 12g

1)ふるった小麦粉と塩をボールに入れ、といた卵をゆっくり入れていき、その都度混ぜる。
2)牛乳、溶かしバターを加え混ぜる。
3)クレープパン(またはフライパン)にうすく油を敷き、中火で焼きます。 薄く生地を伸ばしてくださいね。 片面、1~2分、裏返して1~2分。

スポンサーサイト

コメント

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。