スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告
コメント
数字
数字は完璧ですか。結構生活には必要なものですよね。フランス語も大変だけどドイツ語も2桁以上は厄介ですよね。一番素直なのはイタリア語ですね。
ドラム小僧 URL 2005年09月24日 15:23:06 編集
ドラム小僧さんへ
か、完璧かと聞かれたらかなり汗が出ますけど、分かってはいます。 とにかく慣れですね。
スーパーでも64,98ユーロとかだったら2回も2桁の数字を言われるので結構頭の中で整理しないとピンと来ません。
最初に習ったとき(10数年前)フランス語よりもたちが悪いな、と思いました。

ちなみに同じフランス語でもベルギーでは70のことをseptante、90のことをnonanteというのでわかりやすいです。 80はquatre-vingtのままですが。

スペイン語もイタリア語と同様素直ですよ。
Nori URL 2005年09月24日 19:47:08 編集
旅行のサバイバルフレーズとは別に、生活のサバイバルフレーズというか語彙というのがあるように思います。Noriさんはそんなのとっくにクリアしているんだろうけど、習おうと思った時点で半分目標に到達したようなもんじゃないですか。

またか、と言われそうですがトルコ語の方がもっと素直です。とはいえ20-90の二桁の言い方はちょっと音の変化がありますが、何と言っても基本的な発想が日本語と一緒なので「11」だって「10、1」だし、フランス語のような60+10やら4x20+10みたいなことはありません。
ムフテリフ URL 2005年09月25日 01:10:34 編集
Geld
随分前からだけど、某外資系保険会社のCMで「よ~く考えよ~。お金は大事だよ~♪」と歌われています。ここでいう意味ではないですが、下手をすると1桁間違えたり、おつりを少なくだされても気づかなかったりします。

日本にいても店員の言うことは聞かずレジの金額だけみるようにしています。おつりを少なく出されたら即抗議、多く出されたら沈黙です。沈黙は金なり。
ドラム小僧 URL 2005年09月25日 03:37:51 編集
ムフテリフさんへ
同感です。 旅行のときと生活する時の語彙は別物だと思います。
旅行の時は特に、こっちも旅行だし、なんとなくその場の雰囲気で通じれば大丈夫、みたいに思ってしまいます。 生活だと、それだけでは終わらないし。

トルコ語ってそうなんですか、「11」だって「10、1」って言うのは日本しか知りませんでしたが、あるんですねえ。 韓国語とか中国語はどうなんだろ??
Nori URL 2005年09月25日 09:47:48 編集
ドラム小僧さんへ
私も現金で払うときはちゃんとレジなりの表示を見ます。 でも、こっちではスーパーでも現金ではなく、デビットカードで支払えるのでカードを使っています。 現金を持ち歩かなくなったのはフランス生活からですが。 フランスではここよりも現金を持たなくてもいい、便利な国です。

しかし、日本でも、そういうことがあるんですねえ?? だまそうとしてるのか、レジの人がただ間違えてるだけなのか。。。
Nori URL 2005年09月25日 09:50:26 編集
ベルギーだったかスイスだったか、80はオクターンとかなんとかいうんじゃなかったけ?ラテン語8のオクト。

盲腸、私もフランスでやった!
ちょっとはまともにフランス語で会話できるようになったと自信がついてきたときだったのに、入院中、全然言葉が出てこなくて、ああだめだな~~と思った。鎮静剤うってたりして、頭がぼ~っとしていたせいだ、と自分を慰めたけど、やっぱり病気のときなんかは全ての能力が低下するんじゃないかなー。病院で外国語使うのって辛い。

それにしても、さすがにこの歳になると、新しい学習ってやっぱり若いうちにやるもんだな…と実感しちゃうね。
shiba URL 2005年09月27日 13:50:34 編集
shibaさんへ
Octanteですか、聞いたことあります。 でも、ベルギーでは聞いたことあるかな? って、そのころはフランス語、全然でした。だから分からないです。

shibaさんも、盲腸やったんですか!! 
私の場合は質問したくても出来ないのが最大の障害でした。
でも、薬や、睡眠薬やなんかはラテン語系で言ってもとりあえずは分かってもらえるから大丈夫だったけど。
ドイツ語ってやっぱり独特。。。。
この年プラス、やる気も半分ではなかなか物になりそうにないと実感している今日この頃です。
Nori URL 2005年09月27日 17:51:43 編集
ドイツ語頑張っているようで感心です。
私は、ロシアから戻り。。。ロシア語は全く読めない書けない話せない!の世界でした。当たり前だけど!スバシーバーという有難う!だけを覚えてきましたよ!こんにちはは、チェコ語に似ていたりして!しかし、日本語の流暢なガイドさんにはビックリ!国の為に働いているのか?っとおもうくらい
ビックリでした。NORINORI個人にメールしたけれど
戻ってきちゃうから。。。ブログに送信します。
また連絡するね。
パンダ URL 2005年09月30日 00:15:59 編集
パンダさんへ
お帰りなさい! 
ロシア、になる前にしか行ったことないのでかなり変わっていることでしょう。 また行きたいです。
以前はロシア語にも興味があったのですが、今考えると新しいアルファベットを今からやろうなんてそんな頭があるならドイツ語しろ!って感じです。

日本語の流暢なガイドさんって、ロシア人? お金のためならそれくらいするでしょう。
日本人はお金払いや、お土産やでいっぱい買ってくれるから。

では、とりあえず旅の疲れを取って洗濯物に励んでくださいね。
Nori URL 2005年09月30日 12:37:27 編集

管理者だけに表示する

ドイツ語を習うことにしたのは

2週間前からこの町の学校でドイツ語を習い始めたわけですが、元々あまり自分の時間がないのにさらに時間のない状態に自分を追いやっているような気がします。

と言っても、ドイツ語はここドイツで生活するに必要で授業自体も本人は結構楽しみながら行ってるのですが・・・。

去年こちらに来たとき、やっぱりドイツ語を習いたくて、でも3歳になっていない龍ちゃんがいっしょで預ける所も分からなく、フランクフルトの中心部にある日本人経営の学校に行きました。
なんとそこにはベビーシッターさんがいると言うのです。

こんな学校は今まで聞いたこともなかったし、子連れでドイツ語を習いたい人にはとっておき!

私はグループには入らず、プライベートレッスンにしました。
先生とも気が合い、自分のペースでいけるため、良いのか悪いのか。
はっきり言って自分のレベルなんて分からないままでした。


そんなこんなでその先生が転職をし、新しい男の先生になったのだけれど、なんじゃ、こいつ! ・・・・実にうんちく野郎で授業になってんだかなってないんだか、ひとつ質問をすると答えが100は返ってくるような人でした。
そんなんじゃ初心者の私には訳分からない状態。

なので、先生を変えてもらって、新たに心を入れ替えました。
男のような女の先生でさすがプロ!と言う教え方は良いのですが、彼女自身、学校に不満があったようで、不満を私にぶつけるぶつける。
まあかわいそうだな、とも思って聞いてあげてはいたのですが、毎回だと私は何のために来ているのか分からなくなっていました。
しかも「授業受けた」、のサインさされるし。

そんなこんなでラッキーにも盲腸炎にかかり、やむなくそこの学校には行けない状態に。
龍ちゃんもこのころから午前中だけ幼稚園に行くようになり、自分の時間が持てるようになりました。

もちろんドイツ語は習いたい。
でも、フランクフルトまで行ってたらまさに時間の無駄。

はっきり言ってここ、フランクフルト地方のドイツ人は英語を話せる人の割合が多いらしく、ドイツ語を話せなくても英語が話せればあまり問題はありません。

ドイツ人は、「ドイツ人の医者は誰だって英語を話すわ。当たり前よ。」と言います。

・・・そう思ってました。 盲腸炎にかかるまでは。

横っ腹が痛くなったとき、ある個人医に行ったのですが、「英語はなせますか?」とドイツ語で聞くと、「え???」というような表情をされ、「ちょっとだけ」とドイツ語で答えられ、ほぼ無言の診断で、5分後には辞書を出してきて、「これかも知れないな」と。
そこにはラテン語系でちゃんと「盲腸炎」と書かれてありました。

医学用語はほとんどがラテン語系だと思ってたのに、ここドイツ、ゲルマン系は違うようです。

初歩英語と初歩ドイツ語の診断で、不安ながらも、町の緊急病院に行かされ、そこに現れた医者に「英語は話せますか?」と聞いたところ、「いや・・・。」
まじですか。
「じゃ、フランス語は?」
「ちょっとだけなら。」
と、その医者はフランス語。
でも、かれは南仏に家を持っていて毎年一ヶ月行くからフランス語が少し話せる、というこれまた初歩に毛が生えたくらいのフランス語。

これで大丈夫なのか、と、考えるうちに主治医の先生が来ました。
この人くらい話せるやろ。
と思ったのもつかの間、すべてドイツ語。

そのまま手術、入院、となったわけですが、英語を話したのは研修できていた若い男の人と女の人のみ。

翌日に病棟を移され、今度は英語を話す人は皆無になってしまった。。。。

結局2晩入院しましたが、このときほどドイツ語を使ったときはありません。

ま、こういうこともあり、今回、ドイツ語をまじめに習おう、と思ったわけです。
一回1時間半、週3回。
でも、ひとつの授業が余り人が集まっていなく、もしかしてなくなってしまうかもしれない、と。
個人的には生徒が少ないほうがいいんだけど。

やっぱり町にあるだけ、しかも、日本人相手とかじゃないので、実にさまざまな国の人が来ています。

同じクラスには東欧、またはそれより東の国から来ている人が多く、韓国人、イタリア人、イラン人、アメリカ人、トルコ人、などなど。

やっぱりグループでやってるほうが刺激にもなる、ということが分かりました。
とりあえずこのコースで3ヶ月間。

行けるだけ行くつもり。
しかもひとつの授業は宿題がたくさんでます。
せめて宿題だけはやっていこうと思ってるのですが、夜、龍ちゃんを寝かしつけた後くらいしかまともに時間が取れず、そうでなくても疲れきった頭には少々つらいようです。

いつまでこの国にいるかも分からないけど、やっぱり普通の会話くらいは出来るようになりたい。
龍ちゃんがせっかくドイツ語の本に興味があるのに、その内容をやっぱりちゃんと把握したい。
せっかくここの国にいるんだもの、ビールとソーセージの味だけしめるのでは少々もったいない気がします。

ああ、20歳くらいの脳みそを取り戻したい。
・・・と思っても無理な話なので、どうやらのんびりでも続けることに意義があるようです。
スポンサーサイト
2005年09月24日 | Comments(10) | Trackback(1) | ドイツ
コメント
数字
数字は完璧ですか。結構生活には必要なものですよね。フランス語も大変だけどドイツ語も2桁以上は厄介ですよね。一番素直なのはイタリア語ですね。
ドラム小僧 URL 2005年09月24日 15:23:06 編集
ドラム小僧さんへ
か、完璧かと聞かれたらかなり汗が出ますけど、分かってはいます。 とにかく慣れですね。
スーパーでも64,98ユーロとかだったら2回も2桁の数字を言われるので結構頭の中で整理しないとピンと来ません。
最初に習ったとき(10数年前)フランス語よりもたちが悪いな、と思いました。

ちなみに同じフランス語でもベルギーでは70のことをseptante、90のことをnonanteというのでわかりやすいです。 80はquatre-vingtのままですが。

スペイン語もイタリア語と同様素直ですよ。
Nori URL 2005年09月24日 19:47:08 編集
旅行のサバイバルフレーズとは別に、生活のサバイバルフレーズというか語彙というのがあるように思います。Noriさんはそんなのとっくにクリアしているんだろうけど、習おうと思った時点で半分目標に到達したようなもんじゃないですか。

またか、と言われそうですがトルコ語の方がもっと素直です。とはいえ20-90の二桁の言い方はちょっと音の変化がありますが、何と言っても基本的な発想が日本語と一緒なので「11」だって「10、1」だし、フランス語のような60+10やら4x20+10みたいなことはありません。
ムフテリフ URL 2005年09月25日 01:10:34 編集
Geld
随分前からだけど、某外資系保険会社のCMで「よ~く考えよ~。お金は大事だよ~♪」と歌われています。ここでいう意味ではないですが、下手をすると1桁間違えたり、おつりを少なくだされても気づかなかったりします。

日本にいても店員の言うことは聞かずレジの金額だけみるようにしています。おつりを少なく出されたら即抗議、多く出されたら沈黙です。沈黙は金なり。
ドラム小僧 URL 2005年09月25日 03:37:51 編集
ムフテリフさんへ
同感です。 旅行のときと生活する時の語彙は別物だと思います。
旅行の時は特に、こっちも旅行だし、なんとなくその場の雰囲気で通じれば大丈夫、みたいに思ってしまいます。 生活だと、それだけでは終わらないし。

トルコ語ってそうなんですか、「11」だって「10、1」って言うのは日本しか知りませんでしたが、あるんですねえ。 韓国語とか中国語はどうなんだろ??
Nori URL 2005年09月25日 09:47:48 編集
ドラム小僧さんへ
私も現金で払うときはちゃんとレジなりの表示を見ます。 でも、こっちではスーパーでも現金ではなく、デビットカードで支払えるのでカードを使っています。 現金を持ち歩かなくなったのはフランス生活からですが。 フランスではここよりも現金を持たなくてもいい、便利な国です。

しかし、日本でも、そういうことがあるんですねえ?? だまそうとしてるのか、レジの人がただ間違えてるだけなのか。。。
Nori URL 2005年09月25日 09:50:26 編集
ベルギーだったかスイスだったか、80はオクターンとかなんとかいうんじゃなかったけ?ラテン語8のオクト。

盲腸、私もフランスでやった!
ちょっとはまともにフランス語で会話できるようになったと自信がついてきたときだったのに、入院中、全然言葉が出てこなくて、ああだめだな~~と思った。鎮静剤うってたりして、頭がぼ~っとしていたせいだ、と自分を慰めたけど、やっぱり病気のときなんかは全ての能力が低下するんじゃないかなー。病院で外国語使うのって辛い。

それにしても、さすがにこの歳になると、新しい学習ってやっぱり若いうちにやるもんだな…と実感しちゃうね。
shiba URL 2005年09月27日 13:50:34 編集
shibaさんへ
Octanteですか、聞いたことあります。 でも、ベルギーでは聞いたことあるかな? って、そのころはフランス語、全然でした。だから分からないです。

shibaさんも、盲腸やったんですか!! 
私の場合は質問したくても出来ないのが最大の障害でした。
でも、薬や、睡眠薬やなんかはラテン語系で言ってもとりあえずは分かってもらえるから大丈夫だったけど。
ドイツ語ってやっぱり独特。。。。
この年プラス、やる気も半分ではなかなか物になりそうにないと実感している今日この頃です。
Nori URL 2005年09月27日 17:51:43 編集
ドイツ語頑張っているようで感心です。
私は、ロシアから戻り。。。ロシア語は全く読めない書けない話せない!の世界でした。当たり前だけど!スバシーバーという有難う!だけを覚えてきましたよ!こんにちはは、チェコ語に似ていたりして!しかし、日本語の流暢なガイドさんにはビックリ!国の為に働いているのか?っとおもうくらい
ビックリでした。NORINORI個人にメールしたけれど
戻ってきちゃうから。。。ブログに送信します。
また連絡するね。
パンダ URL 2005年09月30日 00:15:59 編集
パンダさんへ
お帰りなさい! 
ロシア、になる前にしか行ったことないのでかなり変わっていることでしょう。 また行きたいです。
以前はロシア語にも興味があったのですが、今考えると新しいアルファベットを今からやろうなんてそんな頭があるならドイツ語しろ!って感じです。

日本語の流暢なガイドさんって、ロシア人? お金のためならそれくらいするでしょう。
日本人はお金払いや、お土産やでいっぱい買ってくれるから。

では、とりあえず旅の疲れを取って洗濯物に励んでくださいね。
Nori URL 2005年09月30日 12:37:27 編集

管理者だけに表示する
ドラム小僧さんもコメントされていた、数字の話をちょこっと・・・
ピアノのオフ会がしたい! 2005年10月01日 13:32:41
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。