スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告
コメント
医学用語は何かよくわからないのですが
日本でも違う言葉を使っている病院もあるそうです。
かなり混乱したと言ってました。
ま、ドイツほどではないでしょうけれど。
胎盤ドリンクって聞くと、確かにクレージーな気が…
コトリ URL 2005年12月04日 08:33:40 編集
コトリさんへ
日本でも病院や先生によって違う用語を使うの??
難しいですね。

胎盤ってやっぱり栄養の固まりだから良いのだとか。でも、やっぱり気持ち悪いですよ。
飲んだとき、ほんとに気持ち悪くてはきそうでした、実は。。。
Nori URL 2005年12月04日 09:47:47 編集

管理者だけに表示する

ところ変われば・・・。

土曜日、最愛の息子、龍ちゃんとだんなを残して私は友達とランチをしに行きました。

彼女も今妊婦で、只今妊娠8ヶ月目。
すでに体重が11kg増えてしまった、ということでいつもはインディアンレストランに行くのに、今回は軽めの、ということで和食へ。

彼女は何が食べられなくなった、とか全くないらしく、なんでもOKだとか。
私も苦しかったつわりも終わり、ニガテなものも特になく、なんでも来い、な訳で2人とも決めるまでにかなり時間がかかりましたが。。。

それはともかく、ドイツで妊婦になった私も先生に診てもらうのにドイツ語な訳で、妊娠に関する言葉は難しいけど知っているほうがいい。

食事中にもかかわらず、妊娠に関する単語などの話で盛り上がりました。

フランスで龍ちゃんを妊娠して、もちろんフランス語だったわけですが、当時、普通に会話はできていても妊娠に関する単語力はさっぱりで、検診に行くのも一苦労でした。

英語では医学用語はほとんどラテン語が元な訳で、フランス語からは大変入りやすい単語ばかり。

ドイツも、医学用語くらいはそうだろう、と思っていたのですが、そうは問屋がおろさにゃい。


4月にかかった虫垂炎の時だって、初めてそこでドイツの医者に見てもらったわけですが、英語、出来ないじゃん!? で、その先生、ドイツ語-英語の辞書かなんかでしらべて私にその単語を見せてくれたほど。

ちなみに虫垂炎(盲腸炎)のドイツ語は"Blinddarmentzündungで、英語では"Appendicitis"。
フランス語も英語にそっくりですぐ分かるけれど、ドイツ語と来れば。。。

なもんで、妊娠に関する単語だって違います。

もちろん最近ではラテン語を用いている医学用語も少なくないようですが、ドイツ語は単語がとにかく長い!

でも、最近おもしろい言い回しを見つけました。
これで、食事もかなり盛り上がったわけですが。。。

ひとつは羊水のことを、"Fruchtwasser"、直訳すれば、”フルーツウォーター”。

何でフルーツなんだ!? でも、日本語の羊の水って書くのもなんなんだ!? と思ってしまいます。

そして、胎盤、ラテン語では"Placenta"。
プラセンタ、聞いたことがある方もいると思います。

でも、ドイツ語では"Mutterkuchen"。
Mutterは母親のこと、そしてKuchenは、ケーキのこと。
最近ではPlacentaを使うらしいけど、何でなの!? 発想がすごい。

そして私の友達は、「胎盤って肌とかにすごくよくて、化粧とかに入ってたりするんだって、気持ちわり~!!」

そこで、私は「日本では胎盤の栄養ドリンクがあるよ」と教えてあげたら「日本人はクレージーだー」と騒いでいました。

「しかも私は豚の胎盤ドリンクを飲まされたことがある、しかも、今では人間の胎盤のもあるらしい!」、と語るとさらにもりあがったのは良いのですが、いや、食事中なもんで、というか、隣に座っていたおっさん、カップルで来ていたにもかかわらず、彼らは話しもしないでこちらの話をちらちら聞いていました。 

しかも、私はすでに経験があるわけで、出産する前はどうやって分かるのか、そして出産前の行動のとりかたなどを説明していたのですが、友達は隣のおっさんが聞いているのがかなり気になっていたようです。

私だったら隣の人がこんなの話してるの聞きたくないけど・・・。

あ、そうそう、それから以前のコメントでkajikajiさんの指摘どおり、ドイツでは無痛分娩がまだ一般的じゃないらしい。

フランスでは言わなければ無痛なのに、ドイツではやっぱり言わなきゃだめらしい。
友達は悩んでました。
私は悩むことなく、無痛!!
ああ、これもまたドイツ語を覚えていかなきゃ。。。。

妊婦の頭はあまりたくさんのことをし過ぎないように脳の機能が低下するらしいです。
おぼえられるのかしら。。。

話がかなりずれてしまったし、短く書くつもりがやっぱり止まらなくなってしまったけれど、ところ変われば、出産も違う! ということで、今日はお開き~。



スポンサーサイト
2005年11月28日 | Comments(2) | Trackback(0) | ドイツ
コメント
医学用語は何かよくわからないのですが
日本でも違う言葉を使っている病院もあるそうです。
かなり混乱したと言ってました。
ま、ドイツほどではないでしょうけれど。
胎盤ドリンクって聞くと、確かにクレージーな気が…
コトリ URL 2005年12月04日 08:33:40 編集
コトリさんへ
日本でも病院や先生によって違う用語を使うの??
難しいですね。

胎盤ってやっぱり栄養の固まりだから良いのだとか。でも、やっぱり気持ち悪いですよ。
飲んだとき、ほんとに気持ち悪くてはきそうでした、実は。。。
Nori URL 2005年12月04日 09:47:47 編集

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。