スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告
コメント
十把ひとからげはふさわしくないかもしれないけど、トルコでは子供にはみなとても甘いです。
ムフテリフ URL 2005年12月14日 14:51:49 編集
ムフテリフさんへ
だとは思っていました。 その子、自分の主張が強い、というより、母親はすべてその子のいうことに従っていましたよ。 
特に男の子だし、甘いんでしょうね。
Nori URL 2005年12月15日 16:33:02 編集
女の子は輪をかけて・・・という感じがします。ところで、龍ちゃんの耳は治ったのかな?(東京は冬将軍到来で昨夜から大風です)
ムフテリフ URL 2005年12月18日 02:55:41 編集
ムフテリフさんへ
お、女の子にはもっと甘いの!?
大人になっても大丈夫なの!? 

そういえば、トルコはイスラム教の濃い国ですよね? そこのお父さんはそうなんだけど、お母さんはユダヤ人なんです。 いっぱいいるのですか? それとも肩身狭いの?

心配してくれてありがとう。
まだ咳はしてるけど、龍ちゃんの耳はすっかり治りました。 
自分が中耳炎にかかったことないので、どんな痛さか分かってあげられない母親です。。。。
Nori URL 2005年12月18日 08:34:49 編集
甘いという点では、就職面接に親が同行するような例がいくつもあります。イスラム教の色合いは個人差が大きいです。統計的には国民のほとんどがイスラム教スンニ派らしいですが、都市部では礼拝をしない人も多いし、断食も人によっては数日やれば私はいいのみたいな人もいます。ユダヤ系の人はイスタンブルにいるのは知っていますが(ヨーロッパ側にはシナゴーグもあります)、その他の都市ではどうか分かりません。
ムフテリフ URL 2005年12月24日 12:28:13 編集
ムフテリフさんへ
いやいや、あれからまた同じメンバーであったのですが。。。。
やっぱりかなり甘いです。 しかも子供、めっちゃ融通きかへんし! いやだったら泣き喚く。 親はそれをなだめるのに必死! よくなるわけない。
・・・そのオランダ人のお母さんと初めて口にして私たち2人とも意見が一緒なのを確認しました。
そのお母さん、やっぱりイスタンブール出身です。
しかも彼女曰くトルコで1%にはいる大学出身者らしい。 まあ、かなりいい職についてたみたいだし。。。 彼女はいい人なんだけどね。。。
Nori URL 2005年12月25日 22:28:58 編集

管理者だけに表示する

龍ちゃん病院へ行く

金曜からなんだか様子がおかしい。

毎週金曜日の午後に幼稚園の同じクラスの男の子3人でお互いの家を行きあって遊ばせることにしました。
幼稚園の仲良しさん、というよりも、気が合う以前の同じ気持ちのお母さん3人が決めたこと。

うちと、オランダ人家庭と、トルコ人家庭。
みんな男の子を持っていて幼稚園も12時で終わるし、たまには午後に遊ばせよう、ということで決定。

先々週はうちで、先週はトルコ人の家でした。

彼らの家は若干遠かったものの、龍ちゃんとオランダ人の子は目新しいおもちゃで楽しみました。

はっきり言って、トルコ人の男の子はめっちゃめちゃわがまま。
しかも、お母さんが彼の言うなり。 あの国ではそんなものなのかなあ?

私とオランダ人のお母さんは目が点状態で彼らの家を後にしたわけですが、龍ちゃん、ぐったり。
帰りの車の中で爆睡。

家に帰っても、なんだかいつもより疲れた様子。 かなり気も使ったらしい。

そして土曜日、夕方からフランス人家庭が遊びに来るので晩ご飯の買い足し。
「寿司が食べたい!」とこんなフランクフルトに住んでて言うので、仕方だない、作るとするか。


でも、新鮮な生で食べられる、しかも、小さめの量でお魚がゲットできるのは知っている限りでフランクフルト市内しかない。

しかも、フランクフルト市内でもクリスマスマーケットがあって、子供たちに人気の子供用の電車も走ってる。

ので、朝っぱらから人が多すぎになる前に出かけ、とりあえずパーキングへ。 それでももう混んでたけれど、とりあえず電車へ乗せ、それから魚を買いに。

フランクフルト市内のおいしい日本食でランチがしたくなったので、そこでランチ。

すでに龍ちゃんは疲れていましたが、日本食なら食べてくれるので、まあ、取りあぜず行って来ました。

帰りの車でもちろん爆睡。

その日に来たフランス人家庭には3歳の、龍ちゃんととっても気が合う男の子がいるので、龍ちゃんは待ちきれません。

でも何故か顔が赤いぞ!?

熱を測ってみると、37,1度。
うーむ。

でももう彼らのやってくる時間。

その男の子が来て龍ちゃんも嬉しくていっぱい遊んで食べたので、まあ、大丈夫かなあ、くらいで済ませていました。

そして日曜日、やっぱり朝から熱が。
なので、その日一日家から出ずにゆっくりすることにしました。
本当なら毎週日曜日はパパが龍ちゃんを大好きなプールに連れて行くんだけど。。。

月曜日。
前日ゆっくりしたおかげで熱もすっかり下がり、元気に幼稚園へ。

12時に迎えに行くと、「頭痛い。」

げげ。

家に帰って、ちょっと熱っぽいのでやっぱりゆっくりすることに。
私のアトリエのテーブルでペーパークラフトのゼロ戦を作っている時、龍ちゃんは私の横で我慢強く待っています。
ペーパークラフトをするときはちょっと手伝ってくれる以外、私が造るのをじっと見ています。

すると「僕、ママの机で寝るから」と、座ったままテーブルに腕と顔を乗せ、本当に眠ってしまいました。

こんなことは一度もあった事がありません。

こんな龍ちゃんを見て「かわいいなあ」などとブランケットをかけてあげ、しばらくしてソファーへ。

そして、夜、普通に眠ってくれたのはいいけど、9時過ぎに「ママ~っ!!」
そして、2階に上がると、龍ちゃんは「僕、ママのベッドで寝るから」と私たちのベッドへ。

でも、そこからが!

「耳が痛い~!! いたいたいたたたったたー!!」

耳が痛い、なんて言ったのは生まれて初めてのこと。
もしかして中耳炎??

とりあえず痛み止めを飲ませ、様子を見ることに。

でも、ずーっと痛い痛いを連続するので、SOSで来てくれるお医者さんがいるかどうか友達に電話で聞いてみました。

「ないねん。夜中になんかあったら病院に行くねん」

どうやら来てくれるお医者さんはいないようなので、だんなに、「連れて行こう。」といったら、「もうちょっと様子を見てから」と。

なにぬかしトンじゃ~!! こんなに痛がってるやんか!!
夜中の2時に連れて行きたいんかっ!!!

・・・をソフトに言い、だんな説得、成功。

が。

龍ちゃんは病院とか、お医者さんとか嫌いである。

怪我をしても、「クリームつけない、絆創膏つけない。」の一点張りで、つけたほうが痛くないのに、早く治るのに、という聞かせても無駄。

なので、「行かない!!」

原因は・・・・・、ドイツに来て、龍ちゃんを2回しか小児科に連れて行ってないけど、2回とも、予防接種を打ったので「痛い」イメージがある。

そして、今年4月に私が盲腸炎をして入院してから、ママは夜、家にいないし、「お腹が痛くて抱っこできない」=「痛くなって病院に行ったのに、その後一ヶ月も痛いままだ」という考えがあるらしい。

その病院の前を通るときも未だに、「ママ、もうお腹痛くない?? ドクターのとこ行かない??」といいます。

そして今度は自分がそんな痛いところに行くの!? みたいな感じだったのかもしれません。

あまりにお医者さん、とか病院、とか毛嫌いするので、今年のクリスマスにはお医者さんごっこセットを買いました。
これで、ちょっとでも楽しんで興味を持ってくれたらいいな、と。
もちろんまだクリスマスが来てないので龍ちゃんは知りませんが。

いやいや言うけど、かなり疲れてたし、パパは抱っこしてくれるし、とりあえず車に乗せて行って来ました。

病院に着くなり、「もう耳、痛くない」などと抜かすので、だんながなんと、引き返そうか、という行動にでた!!!

「ここまで来といて、なんで引き返すねん!? とりあえず診てもらおうや!」

だんなの行動が理解できませんでした。。。

とにかく先生に診てもらうことに。

見るからにドイツ人の血が入ってなさそうな濃い顔した優しそうなお医者さん。

龍ちゃんも安心したのか、よくしゃべるしゃべる!!
病気やったんちゃうの!?

しまいには喉を見るときに使うヘラ2本と注射器の針なしをおもちゃとしてゲットして帰ってきました。
帰って来て、注射器持って、「お風呂はいるう」と言ったときはどうしようかと思いましたが。。。。

夜に開いてた薬局もたまたま病院の目の前だったし、とっとと帰って龍ちゃんに抗生物質と咳止め、そして耳薬(目薬みたいに液体を耳の中に入れる)を投与して寝かせました。

もちろん夜中も何度も「耳痛い~」で目を覚まして龍ちゃんかわいそうでしたが。。。。

今日は一日幼稚園を休みました。

明日こそは行ってもらわないと!
なんてったって園児によるクリスマスコンサート!

しかも、先生方にプレゼントとカードを渡す日。
私が管理しているので、行かないわけにはいかない!

・・・ので、明日こそはよくなってね、龍ちゃん。

・・・・と、またまたながーくなってしまいました。。。
しかも書き始めて40分も経ってるし。。。。はあ。

これまた読んでくれたかた、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト
2005年12月13日 | Comments(6) | Trackback(0) | 龍ちゃん
コメント
十把ひとからげはふさわしくないかもしれないけど、トルコでは子供にはみなとても甘いです。
ムフテリフ URL 2005年12月14日 14:51:49 編集
ムフテリフさんへ
だとは思っていました。 その子、自分の主張が強い、というより、母親はすべてその子のいうことに従っていましたよ。 
特に男の子だし、甘いんでしょうね。
Nori URL 2005年12月15日 16:33:02 編集
女の子は輪をかけて・・・という感じがします。ところで、龍ちゃんの耳は治ったのかな?(東京は冬将軍到来で昨夜から大風です)
ムフテリフ URL 2005年12月18日 02:55:41 編集
ムフテリフさんへ
お、女の子にはもっと甘いの!?
大人になっても大丈夫なの!? 

そういえば、トルコはイスラム教の濃い国ですよね? そこのお父さんはそうなんだけど、お母さんはユダヤ人なんです。 いっぱいいるのですか? それとも肩身狭いの?

心配してくれてありがとう。
まだ咳はしてるけど、龍ちゃんの耳はすっかり治りました。 
自分が中耳炎にかかったことないので、どんな痛さか分かってあげられない母親です。。。。
Nori URL 2005年12月18日 08:34:49 編集
甘いという点では、就職面接に親が同行するような例がいくつもあります。イスラム教の色合いは個人差が大きいです。統計的には国民のほとんどがイスラム教スンニ派らしいですが、都市部では礼拝をしない人も多いし、断食も人によっては数日やれば私はいいのみたいな人もいます。ユダヤ系の人はイスタンブルにいるのは知っていますが(ヨーロッパ側にはシナゴーグもあります)、その他の都市ではどうか分かりません。
ムフテリフ URL 2005年12月24日 12:28:13 編集
ムフテリフさんへ
いやいや、あれからまた同じメンバーであったのですが。。。。
やっぱりかなり甘いです。 しかも子供、めっちゃ融通きかへんし! いやだったら泣き喚く。 親はそれをなだめるのに必死! よくなるわけない。
・・・そのオランダ人のお母さんと初めて口にして私たち2人とも意見が一緒なのを確認しました。
そのお母さん、やっぱりイスタンブール出身です。
しかも彼女曰くトルコで1%にはいる大学出身者らしい。 まあ、かなりいい職についてたみたいだし。。。 彼女はいい人なんだけどね。。。
Nori URL 2005年12月25日 22:28:58 編集

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。