スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告
コメント
信じられない!!
もう、このブログ見て読んで叫んでました!だって私がこの世で一番嫌いなねずみがでてるんだもん。よくネズミ捕りなんてやるね。多分私見ただけで気絶すると思うわ。今このメールを書きながら想像して気持ち悪くなってます・・・。せっかく親切心から森へ返してやったと言うのに散々な目にあったね。ドイツの森って私嫌!犬の飼い主ちゃんと拾え!って言いたくなる。そして最後にまた私の嫌いな鳥ですかぁ・・・。今、鳥インフルエンザが問題になってるから絶対触ったら駄目だよ。幼稚園でも森へ行く時は絶対鳥を触ってはいけないって言われてるもん。いやー、今日の事が私に起こったら間違いなく発狂してるよ。何か今度引っ越す家も古いし、怖くなってきた~。そうそう、関係ないけど今晩うちの家にアリがいっぱい出現してるんだけど気持ち悪くて寝られない・・・。
mari URL 2006年02月22日 23:34:00 編集
mariさんへ
mariさんの一番キライなものはねずみなんですか。
かわいいんだけどなあ。
でも、昨日の晩はさすがにそのことばかり頭にあって、なかなか熟睡できませんでした。
一日中、死んだねずみを発見したときの気分にさいなまれていました。 

ドイツの森の中も犬の糞の始末をしなければならないんですかね?
森の中はかまわないのかなあ、と思っていたけど、やっぱり納得いかないです。 これが一番泣きそうだったかも。

鳥インフルエンザのことはすっかり忘れていました。 
そうですよね、触らせたらいけないですよね。
龍ちゃんは昨日のことは何にも言わないです。

もう昨日から私の形相が変わり果てています。
Nori URL 2006年02月23日 17:35:12 編集

管理者だけに表示する

Moucy Moucy

2度あることは3度ある。

今日はとっても嫌なことがありました。
「悪夢」といっていいくらい。

うちにはねずみがいます。 といっても、ペットとして飼っている訳ではありません。

新しい家はどうかわからないけれど、古い家というのはやっぱり蜘蛛とかねずみがどうも似合うような感じ。

うちの家は1933年に建てられたらしい。
もちろんドイツの規定はうるさくて、家の中は改装に改装を重ねてどう見てもそんなにアンティークな雰囲気はこれっぽっちも漂っていません。

でも、やっぱりすべてがすべて完璧に改装できるわけでもないらしい。

しかもうちのリビングルームはどうやら後から足したもの。
その天井をこそこそと音がするときもあります。

大家さんに天井を調べてもらっても「穴がない」らしく、何にもしてもらえず結局そのまま。

うちの3階部分に一度ねずみの糞らしきものを見つけてから、罠を仕掛け、何度か捕獲に成功。
Maus1.jpg

そして森にもって行って離してやるわけです。


最近もまた天井の音が激しくなってきたこともあり、罠を仕掛け始めました。

これまでにも何匹か捕獲。
森に連れて行くのもだんなの仕事。

だんなが出張に行って2週間。

私も特にねずみが怖いとか言うわけじゃないし、というか、日本で「ねずみ」と言えばきったないドブネズミで、それならばとっととこの家も引っ越しているんだろうけど、出てくるのはハツカネズミ。
とってもかわいい。

なので、だんながいなくても罠を仕掛けることに。

だんなが出て行って全く取れていなかったのに、今朝、龍ちゃんに3階のねずみさんチェックをしてもらうと、嬉しそうに、「ねずみさん、いるよー」と。

そして私も3階へ。

おおー!! おるやんけ。
しかも2匹も!!!

そう、2つ罠を仕掛けていたのです。
とっても嬉しくて、龍ちゃんと「かわいいねー、森に返してあげようね」といいながら罠を持つと。。。。。

1匹は元気なのに。。。。。???

にゃんと!!!!
もう一匹、動かない!! 死んでる!!!

喉元からは心臓が、お腹からは赤ちゃんが出てくるんじゃないか、と言う勢いのリアクション。
頭の中はパニック!

・・・な訳で、龍ちゃんに「死んでるからさわらなーい!!」
といってたのですが・・・。

龍ちゃんは「ねずみさん、寝てるねえ。 起きないのかなあ?」
と覗き込む。  
「お願い!!!! 触ったらあかんよ! 死んでるから!!」

今まで、龍ちゃんに「死んでる」なんて言葉使ったことないのに。

とにかく車に紙を敷いて、その上に罠ごとのせ、森へ向かいました。
1匹は嬉しそうにジャンプしてとっとと姿を消し、もう一匹は、罠をあける気力もないので・・・・そのまま放置してきました。
これが私にできた最大のこと。

さて、車に乗ろうか、とした所。。。。。
龍ちゃんが、「あれ? 葉っぱがいっぱいくっついてる」と、彼の左足を見せました。

靴底にたくさんの葉っぱが。。。
森の中も湿気てるし、土とともに靴底に付いたんじゃ・・・・・なーい!!!

森には犬を連れて散歩しに来る人々もいます。
今日は心からうらんでしまいました。
森なんだから、糞はそのまま放置しても良いのかな?
しかもフレッシュな・・・・。

取れるだけとっても限りがあるわけで。。。。

ねずみ用に紙を敷いてきててよかった・・・。

とにかく、こんな嫌なことが2回も朝からあり、めちゃめちゃ嫌な予感。。。

今日のお昼には友達の家に招待されています。

彼らの家には高速にのって30分くらいは走ります。
120km/h位で走るわけだけど、その間に何にも起こらないで!! と願うばかり。

行く前に気持を落ち着けながら、友達のうちにもって行くため、ホワイトチョコレートとヘーゼルナッツ入りのクッキーを焼きました。
Cookies1.jpg


他にも彼女らのフランス人の友達とその子供たちもいたわけですが、クッキーは大うけ。

これはよかった。

子供たちが外で遊びたい、といい、寒いわ、雨がちらほらするわ、でも「行きたい」というので外に出してまもなく・・・・。

龍ちゃんが、「ママー、なんかいるよ。寝てる。」

「???」

「ううん、死んでるよ」
ひいいいいい~!!

私は家の中から庭に出るドアを開けてみたのみだったけど、その物体のボディーが見える。。。
はたまたねずみか!?

宙に浮いた足が物語っていたのはそれは「すずめ」であると言うこと。

子供たちは遊びたがったし、2人の母親たちは、「猫がきっとやったのよ」と。
それくらいのものかー!?

私は子供たちに触って欲しくなかったので、「もう入りなさい」と家の中に入れました。

龍ちゃんは、「お顔が壊れてたよ」

つ、つぶれてるんかー!!??

気が遠のきそうになりました。
これが3度目のこと。

そしてちょっと疲れてきた龍ちゃん、クッションの上に横になって、「僕、死んでる」とひとこと。

まだ「死ぬ」と「寝てる」の区別が付いていない龍ちゃん。
こういうのってどう説明するんだろう??

先日、幼稚園のお母さんたちと話していると、「うちの子、”死んだらどうなるの??"って最近しょっちゅう聞いてくるのよね」と。
すると他のお母さんも「うちもよ!」
と。

もうそんな概念があるわけで、うちは全くそういったことも聞かないわけで・・・・。

そんなことはともかく(大事なのかもしれないけれど)、今日一日で10は年を取ってしまいました。
頭の金のメッシュが、白色に見えてしまったのも無理ありません。

2度あることは3度あった。

明日はどうか、平和な一日でありますように。
スポンサーサイト
2006年02月23日 | Comments(2) | Trackback(0) | ドイツ
コメント
信じられない!!
もう、このブログ見て読んで叫んでました!だって私がこの世で一番嫌いなねずみがでてるんだもん。よくネズミ捕りなんてやるね。多分私見ただけで気絶すると思うわ。今このメールを書きながら想像して気持ち悪くなってます・・・。せっかく親切心から森へ返してやったと言うのに散々な目にあったね。ドイツの森って私嫌!犬の飼い主ちゃんと拾え!って言いたくなる。そして最後にまた私の嫌いな鳥ですかぁ・・・。今、鳥インフルエンザが問題になってるから絶対触ったら駄目だよ。幼稚園でも森へ行く時は絶対鳥を触ってはいけないって言われてるもん。いやー、今日の事が私に起こったら間違いなく発狂してるよ。何か今度引っ越す家も古いし、怖くなってきた~。そうそう、関係ないけど今晩うちの家にアリがいっぱい出現してるんだけど気持ち悪くて寝られない・・・。
mari URL 2006年02月22日 23:34:00 編集
mariさんへ
mariさんの一番キライなものはねずみなんですか。
かわいいんだけどなあ。
でも、昨日の晩はさすがにそのことばかり頭にあって、なかなか熟睡できませんでした。
一日中、死んだねずみを発見したときの気分にさいなまれていました。 

ドイツの森の中も犬の糞の始末をしなければならないんですかね?
森の中はかまわないのかなあ、と思っていたけど、やっぱり納得いかないです。 これが一番泣きそうだったかも。

鳥インフルエンザのことはすっかり忘れていました。 
そうですよね、触らせたらいけないですよね。
龍ちゃんは昨日のことは何にも言わないです。

もう昨日から私の形相が変わり果てています。
Nori URL 2006年02月23日 17:35:12 編集

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。