スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告
コメント
こんにちは、pivoineです。
色んなところから失礼します。
今日1ヶ月ぶりに生徒さんとカルトナージュをしました。やっぱり楽しいですね!
画面の丸い箱がとても可愛いいです。ドイツには、アンデルセン、ブレーメンにまつわる布や紙はないですか?
チロリアンテープもつけると可愛いですよね(場所が違いますか?)フランスに住めば日本の布を使いたくなるし・・・不思議なものですね^^
でも出来上がると想像以上に愛着がわきますね
ノートのカバーもどれも素敵です。お店に売っているみたいですね。
私も電話帳可愛くしてみます。(ありがとう)
pivoine URL 2006年03月21日 18:27:09 編集
pivoineさんへ
こんにちは!
一ヶ月ぶりですか、今の私には考えられない。。。でも子供を産んだら1ヶ月どころの騒ぎではなくなるんでしょうね。

丸箱は思っていたよりも大変でした。
でも、コンパスカッターもこんなドイツで手に入ったし、使ってみようと思ってます。(でも日本製)

残念ながらここフランクフルト地方では布を売っているところを見つけるのが簡単ではありません。
なんだか女性でも働いている率が高いのでこの地方には手仕事のお店が他に比べてかなり少ないようです。
アンデルセン、って、デンマークじゃなかったですか? ちなみに・・・。
ブレーメンの音楽隊はドイツですねえ。(グリム兄弟) あってもドイツでは売れそうにないかも。。。残念ながら。
でも、気をつけて見てみるようにします。

pivoineさんは日本の布が買いたくなりますか??
私は日本のもそうだけど、フランスの布が買いたいです!!  ほんと不思議なものですね。
フランスに行きたいです。。。(ちなみにだんなは今月末にパリ近郊に行くのになあ。。。)


Nori URL 2006年03月21日 21:35:59 編集

管理者だけに表示する

丸箱

またまたなんだかんだと前回の更新からほぼ一週間が過ぎていきました。
ほんとに時の経つことの早いこと。

そんな一週間で丸箱を作りました。
RoundboxesS.jpg

RoundboxL.jpg

上の3つは直径約12cmの小さい丸箱。いずれもアメリカンコットン使用。
下のは直径26cmの大きい箱です。
フランスで買ってたアヒルっちのコットンにドイツの発色のいい黄色のチェック地を使いました。
イースター前に一応展示するから、ちょっとだけそんなイメージを。
って、ほんとは卵とウサギなんだけど、イースターって。

丸箱って確かに小さいほうが作りやすいけど、やっぱり四角い箱に比べたらなかなかのクセモノ。
大きいのはやっぱり慎重に慎重に。

そうそう、ドイツではフランスで簡単に買えたものでもなかなか手に入らないな、って思ってたけど、そうでもないみたい。

カルトナージュ用のグレー台紙を取り扱っている画材屋さんをフランクフルト近郊で一軒だけ発見。
これは去年の頭くらいに見つけていたもの。
1,5mmとか、2,5mm厚さなんてのはさずがにないけれど、1mm、2mm、3mm、そして今年にはCarton Boisも売っていました。

糊だけはフランスのストラスブールに行く度に買ってきていましたが、なんと、今日、このドイツで発見!
嬉しくてたまりません。

なんといってもグレー台紙やカルトナージュで使われる糊の需要がフランスに比べて絶対的に少ないせいか、値段もかなり違います。
なんと安いのです!!

フランスではやっぱりカルトナージュや額装に手を広げている人が多いので高くても売れるはず。
たしかにあんなグレーの厚紙なんて高いわけない、と言う感じ。

そしてフランスの雑誌Marie Claire Ideeというのがあります。
マリークレールのクラフトや手作りのアイディアの雑誌。
ねんに4回発行で、フランスにいたときは毎号ではないけれど、中身を見てまあまあ気に入ったときだけ買っていました。

それがこのドイツでも売られていたのです。
しかも自分の家の近所! 
もちろんフランスで買うよりも1,5倍の値段。
でも、フランスから友達に送ってもらうよりもきっと安いはず。

やっぱりなじみのものが近くで手に入るって言うのは嬉しいこと。
だからって、フランスのものばかり買わなくてもドイツのものにもどんどん目を向ければいいんですけどね。 
やっぱり、フランスのほうがセンスはいいなあ、と思ってしまいます。。。



スポンサーサイト

コメント
こんにちは、pivoineです。
色んなところから失礼します。
今日1ヶ月ぶりに生徒さんとカルトナージュをしました。やっぱり楽しいですね!
画面の丸い箱がとても可愛いいです。ドイツには、アンデルセン、ブレーメンにまつわる布や紙はないですか?
チロリアンテープもつけると可愛いですよね(場所が違いますか?)フランスに住めば日本の布を使いたくなるし・・・不思議なものですね^^
でも出来上がると想像以上に愛着がわきますね
ノートのカバーもどれも素敵です。お店に売っているみたいですね。
私も電話帳可愛くしてみます。(ありがとう)
pivoine URL 2006年03月21日 18:27:09 編集
pivoineさんへ
こんにちは!
一ヶ月ぶりですか、今の私には考えられない。。。でも子供を産んだら1ヶ月どころの騒ぎではなくなるんでしょうね。

丸箱は思っていたよりも大変でした。
でも、コンパスカッターもこんなドイツで手に入ったし、使ってみようと思ってます。(でも日本製)

残念ながらここフランクフルト地方では布を売っているところを見つけるのが簡単ではありません。
なんだか女性でも働いている率が高いのでこの地方には手仕事のお店が他に比べてかなり少ないようです。
アンデルセン、って、デンマークじゃなかったですか? ちなみに・・・。
ブレーメンの音楽隊はドイツですねえ。(グリム兄弟) あってもドイツでは売れそうにないかも。。。残念ながら。
でも、気をつけて見てみるようにします。

pivoineさんは日本の布が買いたくなりますか??
私は日本のもそうだけど、フランスの布が買いたいです!!  ほんと不思議なものですね。
フランスに行きたいです。。。(ちなみにだんなは今月末にパリ近郊に行くのになあ。。。)


Nori URL 2006年03月21日 21:35:59 編集

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。