スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ミニタオルに取っ手。

ご無沙汰です。
2週間あった、フランスの学校休暇も終わり、今日からまた普通の生活。
久々の学校なのに、天気はイマイチ(以下)。
寒くて、強風、豪雨、地方では洪水になったり木が倒れたりしているようです。
あたりにはすっかり桜が咲いているのに。

この2週間は、子供と充実した生活を送ったような気が…。
週末にはドイツに里帰り。(と言えるのかどうかは謎)
久々に龍ちゃんの通っていた学校に行き、友達、先生に会い・・・久々に。
と言いたいところなのですが、「久々~」というよりも、普通に家に帰ってきた、という、元の住んでいる感覚に戻っていました。 不思議。

それについてはまた書くことにして、とりあえずちょっとだけソーイングティップ。
日本からずいぶん前にミニタオルが、らみーちゃん用に届いていたもの。
四角い普通のタオルだけでは使いにくいので、ぶら下げられるように取っ手(?)をつけました。
sawingtipminitowels.jpg

紐だけ取り付けるには切れはしの処分が困るな、と、布テープでカバー。
これならきれいに見える。
スヌーピーのは、以前ペンスタンドを作った端切れを利用。
それでもテープや、布の切れ端を隠すには、そう、細かい間隔でジグザグミシン。

ちょっとしたことだけど、これでずいぶん使いやすくなりました。
ご飯のとき、テーブルにミニタオルが転がってるより、椅子の背もたれに引っ掛けておけば、床にも簡単には落ちないし、便利です。

大活躍ですよ~。


2008年03月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | ソーイング

キティちゃんは世界的に人気もの

さて、今回もキャラクターもの。
もちろん日本のもの。 
でもでも、彼女はここフランスでもすごい人気ものなんです。

日本のおばあちゃんから送ってもらったキティちゃんの布を使ってらみーちゃん用バッグ。
kidsbagshellokittypocket.jpg

大きいほうは40x30cm。 小さいほうは27x23cm。 持ち手除く。

どうしてもあのピンクの生地が気になって、というか、雰囲気を壊さないようにどうにか抑えたい、と思ってこうなりました。
大きいほうの生地のドット、すごく気に入っているのですが、生地が薄いため裏に接着芯を張ってます。
どちらもリバーシブルで、大きいほうはポケットの口止めを同じ生地の赤のギンガム。
小さいほうは残り生地のドットを全部使い、その大きさでこのバッグを作りました。

本が大好きならみーちゃん、お出かけのときにはきんちゃく袋に入れて出かけてたのですが、量もだんだん増え、大きさも大きくなっていってるのでバッグを作ろう、と、作ったのですが、大きいほうはやっぱりらみーちゃんにはまだかなり大きいので、しばらくとっておこうと、小さいのを使い始めました。

・・・と、その翌日に、龍ちゃんの学校のあるお母さんが、「らみーちゃんにどうかな?」と、赤ちゃん用の靴をくれたのです。
彼女にはらみーちゃんより5か月早く生まれた女の子がいて、誕生日にもらったんだけどすでに小さくて履けない、というのです。

その靴がまたかわいくてうれしくて、翌日、大きいけれどこの大きいほうのバッグをあげました。
その家庭にはもう一人4歳の女の子がいて、彼女のほうが大喜び。

とにかくキティちゃんはフランスでも大人気。
龍ちゃんの同じクラスの女の子も大好きで、みんなバックパックとか、小物を持っています。

だかららみーちゃんがキティちゃんグッズを持ってると、お母さんたちのほうが気になって聞いてきたりします。

そういえば、まだ龍ちゃんも生まれる前、パリで日本語を教えてたことがあるのですが、あるグループ(日本にカルフール進出のために行く人たちにでした、思い出した)の授業中、みんな、「日本のもの知ってる、えろきち!」 
「は?なんですか、その”えろきち”」というのは?
「エロ吉?」 ど根性ガエルは「ぴょん吉だし・・・?」
で、ある一人が紙に書きました。
「Hello Kitty」
「!!!」

フランス語では「H」を発音しないし、キティーと、最後を伸ばさないし、とにかく[ti]も「ティ」より「チ」に近く聞こえたし。。。

そんなわけでフランスに来る予定で小さな女の子の知り合いに何かお土産を買っていこう、と思ってる方がいるなら、ぜひ、キティちゃんグッズをお勧めします。
その際、ぜひ、「えろきち」だよ、とお渡しください。





2008年02月12日 | Comments(6) | Trackback(0) | ソーイング

まるでIKEAの回し者みたいじゃないですか。

予告通り(予告しましたよね!?)、シートカバーを縫ってみました。
って、1年半くらい前にもシートカバーを縫ってたんですが。

ず~っと使っていたうちにあった椅子は、テーブルに合わせたものなのに、座席が低め。
だし、夫が12年以上も前に赴任先のダカールからパリに戻ってきたとき、パリを出て行った当時の駐在員から受け継いだものだったそう。
テーブルも買い替えたいんだけど、ま、まだらみーちゃんがテーブルに直接落書きなんかしてくれるから、あと何年かしたら、かな。

ともかく、その椅子たちのほとんどは地下室へ移動。
新しい椅子をIKEAで4つ購入。 (椅子の数え方ってなんだろ?)
また座るところが生成りの布地のため、シートカバーを。
ikeaschairseatcoverwithikeafabric.jpg

シートカバーの生地もこれまたIKEAにて購入。
欲しい布があったら、自分でとって来て、自分で切って、店員さんに重さを測ってもらって値段をつけてもらいます。
なので、ちゃっちゃとすませられる。 いいですね、このシステム。
もちろん値段も手ごろ。
小さい子連れなので、”自分が待っている時間が少ない“という点がいいのだとおみますが。

と、まあ、椅子を汚さないように、と作ったカバーなのですが、肝心のらみーちゃんはどうも椅子にカバーがかかっているのが気にくわないようで。
椅子の背もたれの部分にリボン状でくくりつけているのですが、椅子に乗る(座る、ではない)とき、必ずカバーをくっしゃくしゃにして背もたれに限りなく寄せて乗ります。(涙)

ま、思いっきり汚されたら、またIKEA行って購入しよう!
 

2008年01月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | ソーイング

出た! 龍ちゃんにはやっぱこれ。

こんなに速く毎日が過ぎてしまっていいのだろうか。。。
することはいっぱいある気がするけど、毎日終われば、何も得にしてなかったような気がする。
というのは、気だけが焦ってる証拠なのかも。

まだ片付いてないアトリエでらみーちゃんの口拭き用に作ったタオル。
Handtowelsforbaby.jpg

タオルに、引っかけるもの(なんていうんだ!?)をつけました。
らみーちゃんの椅子に直接かけられるので、いつもテーブルの上で邪魔になったり、床に落ちたりしません。

そして、出た!
らみーちゃんエプロンを作ったら「僕にも作って~」と。
Shinkansenapronforryu.jpg

4月に日本に帰った時は龍ちゃん、ムシキングにはまっていたので、エプロンを作ろうと、ムシキングの布を1m買ったのに、今の龍ちゃんの頭の中ではどうやら新幹線のほうが軍配を上げてるらしく、「新幹線!」で、こうなっちゃいました。

新幹線柄は50cmしか買っていなく、でも測ったら57cmあったので、その長さぎりぎりで使いました。

型はクライムキさんの。
めちゃめちゃシンプルで簡単。あっという間にできました。 
こういうゆったりした時間がない時にあるシンプルな型はほんと尊敬。


そして、森の入り口をようやく見つけました。
栗の季節だけあって、栗だらけ。
マロニエではなく、ちゃんと食べられる栗。
容赦なく落ちてくるので帽子は必需。

初めて森に入ってすれ違った女性2人はドイツ人でした。
やっぱりドイツ人とは切っても切れないものなんですね。

ドイツの森と違って、整備されてるけれど、それでも、気持ちいい。
「森を見つけたよ」と学校帰りの龍ちゃんに言うと、速効、「行こう!」と。
龍ちゃんもようやく乗れるようになったコマなしの自転車です~いすい。
Baladerdansunforet.jpg


整備されてるだけあって、ドイツの森のように、ほんとに自然の中にいる、という感じは薄かったけれど、それがなんだかとってもフランスっぽく感じました。

森の入口は、うちから車で5分。
龍ちゃんの学校がもっと就業時間が短ければ、毎日でも行くのに。

ドイツに住んだことが、本当によかった。
自然を好きである気持ちはずっと失わないようにして行きたいです。
もちろん子供たちにもね。
2007年10月02日 | Comments(6) | Trackback(0) | ソーイング

Paris郊外から(ようやく)第一段。

みなさまこんにちは。
もう最後の更新からもうすぐ3カ月だなんて、自分でもこんなに時がたつのは早かったっけ、と改めてびっくりしています。

そんなもんで、このブログの存在さえ忘れてしまった人はもう追いかけないことにして、遊びに来てくれたみなさん、改めてこれからもよろしくお願いします!

7月からここに住んではいるものの(2週間は例の如くアメリカ)、引っ越し始まってからえらい災難(!?)が次々と現れ、なかなかことは進まなかったものの、それでも確実に進んでいるわけで、なんとかだんだん心に余裕が出てきているような気がします。

この3カ月中にあったことを話せばほんっとに長~いので、もう過去は振り返らず、今から、をお話ししていきたいと思います。

9月4日から(いきなり過去の話題!?)5歳の龍ちゃんは新しい小学校に通い始めました。 今、1年生。
たくさんの友達を置いてけぼりにして、それは長かったこと、長かったこと。
ようやく新しい友達も何人かでき、学校に行くのはとっても楽しみのようです。

らみーちゃんは今1歳6か月。
好奇心の塊、そして起きてる間はノンストップなので、ひこしの片付けが先なのか、らみーちゃんが散らかしていった後の片付けが先なのか、と、毎日同じようなことをしております。

それでも、龍ちゃんが学校に行き始めてくれたので、それでも私としてはちょっとは楽になったので、やっぱり私の小さいアトリエを何とかしなきゃ。

ものは作りたいけど、何から作っていいのかわからず、しかも、とにかく段ボールを空にしていったので、何がどこにあるのかわからない、というイライラにも負けず、ま、新しい環境は慣れるまでに時間がかかるのは当然、だと、徐々になれるだろう、と無理やり思わせています。

らみーちゃんはよく食べる。
なんでも口にしてほんとに困るんだけど、その分ご飯もよく食べてくれます。

今までのスタイじゃマジックテープ使用だけあって、自分で簡単にとってしまう。
いつも着ている服がスタイ代りじゃ、一日何回も着替えなきゃ。
しかも、自分で食べたがるので、袖も必要。

なので、まだ片付いてない中で作りました。
apronsforbaby.jpg


型紙は再び「赤ちゃんの服、手作りの服」より。

でも、どうしてなのか、袖が細すぎ!
縫いにくいです、そで口。
デザイン重視なのかもしれないけど、実用面では作るほうも、着させるほうもイマイチ。

作る面ではそで口、とにかくミシンで縫いにくいし、ゴム通しも、スムーズに進んでくれないほど。
着せるほうでは、夏はいいけど、夏の存在しなかったヨーロッパで、普通に長袖来てるのに、その上からこんなに細ければ冬服を着てたらごわごわするでしょう。

なので、勝手に袖を広げましたよ。

画像の黄色いのが型どおり。 ブルーなのがかなり広げたもの。
っても、わかり辛いですが。。。

らみーちゃん、標準より小さく(でっかく生まれてきたくせに)、まだ80㎝ないだろうけど、90㎝用の型です。
これでちょうどいい。

そして、空がきれいだったので撮りました。
秋ですねえ。
viewfromourbackyard.jpg


ドイツで使っていたメールアドレスはもう使えません。
norithom@hotmail.com
にとりあえず連絡ください。
このメールアカウントもいろいろ問題があるようです。
私にメールをくれて、返事が3日たっても来ない方はお手数ですがもう一度メールをしてください。よろしくお願いします。

ではでは、次回の更新のお約束はできませんが、次回まで~。


2007年09月18日 | Comments(15) | Trackback(0) | ソーイング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。