スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

らみーちゃん、遂に2歳!

らみーちゃんが遂に2歳になりました。

この2年、早かったような、そうでもなかったような。
思い返してみれば、ほんとにいろいろあったような気がするのですが、これからのことを考えると、それらはほんのちょっとの間の出来事だったということ。

これから長い人生を送って行くであろうらみーちゃん、今までの2年間のことなんて覚えてることなんてないんだろうな、と。
でも、これまたよく考えてみれば、この2年間の出来事の積み重ね、というのは、人間の基礎であることを徐々に習得してきた(もちろんまだその途中であることに変わりはないけれど)、ということです。

親にとっては大変な2年間であっても、本人にとっては大切な2年間だったんですね。

そしてパパがこの大事な日に出張でいなくなる、というので、2日早くHappy Birthdayを。ramie2yearsbirthday.jpg
女の子にピンク、という考えはばかげている、と思ってたけど、やっぱり女の子だもん、ピンク。

birthdaycake2years1.jpg

うちの定番ケーキになりつつあるラズベリームースケーキ。
たっぷりとラズベリーのピュレを入れてしっかりピンクに。

といっても、いちばん喜んでくれたのはフルーツ大好き龍之介。
肝心のらみーちゃんはひとっ口も食べてくれませんでした。
でもでもキャンドルを吹くのはお気に入り。 何度やったことか。

パパは翌日出張先のデュバイへ旅立ち、そしてその翌日ほんとの誕生日。
その日はフランスでは祝日だったし、龍ちゃんの友達が遊びに来たがってたので、彼ら家族をティータイムにご招待。

その日のケーキ。
ピンク続きもなんだろう。
birthdaycake2years.jpg

チョコレートロールケーキ。

実は、龍ちゃんの友達トリスタンはランチの後、一人で先にうちに来てたのですが、大の料理好き。
龍ちゃんのバースデーパーティーのランチが忘れられないようで、「あれ、おいしかったなあ、すっごい。」と何度も言ってました。
そして、彼は「シェフになる」と4歳くらいから言い続けているらしいのです。

なので、この日にもうひとつケーキを作りました。 トリスタンと龍ちゃんと一緒に。
らみーちゃんがお昼寝中に。
ふわっふわのスポンジケーキを焼いて、これまたラズベリー入れて、これまたピンクに。
デコレーションもトリスタンと私がしました。
写真撮るの忘れちゃったんですよね。 かわいくできたのに。

龍之介?   
私が作りすぎるのかもうケーキ作りにはほとんどかかわってくれません・・・。
今後はらみー嬢に期待です。

実は、その前の木曜日にもある友達一家が来てて、その翌日から3日間、ベルギーからこれまた友達一家が来てて、そしてこの日だったのですが、毎日毎日ケーキばっか焼いてました。
どうして懲りないんだろう、と自分でも思います。
それは、それなりの簡単ケーキだけど、おいしい、と言ってくれる人がいるからでしょうね。

そうそう、肝心のチョコレートケーキ、らみー嬢はやっぱり遊ぶことに熱中してひとっ口も食べてはくれなかったのです。

残ったケーキはお友達にお持ち帰りしてもらいました。

今2歳のらみーちゃん。
上の龍之介とは性格の違いがどんどん露わになってきています。
最初の一年で「おとなしいかも」と思っていたのに今では正反対。
人一倍アピールしなきゃ構ってもらえないのか、声はかなりでかいし、なんでも壊します(涙)。

一番のターゲットになっているのは龍ちゃんのもの。
かわいそうなくらいよく壊してくれます。
でも、何にも言わない龍ちゃん。
それは私が代わりに怒るからなのか、ほんとに何も感じてないからなのか。。。(後者だとちょっとやばい!?)

お兄ちゃんがやるようにやりたいからほんとにあぶなっかしいし、大変なんだけど、それでも私のかわいいかわいい女の子なのです。

1週間の出張から帰ってきた旦那は、そんならみーちゃんを見て、「龍ちゃんより男の子っぽくないか?」 
そして、「なんだかほっぺたがぽっちゃぽちゃになったな。」(太った、という意味で)

それって、パパがいない間、怒られるのが半減したのでストレスも感じずにいっぱい食べたからじゃない?・・・・な~んてことは心に留めておきましたが。

おめでとう、らみーちゃん。




2008年05月18日 | Comments(6) | Trackback(0) | ソーイング

マカロン 初挑戦。

これまた4月下旬に日本に一時帰国の前の出来事なのですが。。。

ある日、あるフランス人に「マカロン作ったことある?」と聞かれたのです。
答えは「Non」。 ありませんでした。

彼女は食べるのが大好きで、その息子くんも食べるのが大好きで私の作るスイーツが大好き。
だから、余計にそういう人にはよくおすそ分けをしちゃうんですよね。

それはともかく、ここフランスでもマカロンはちょっとしたブームで、本屋に行くと結構ずらり、とマカロンのみ扱った本が並べられています。
私も気になってて、一冊持ってるのですが、まだ実際に作ってみよう、とまではいきませんでした。
そう、彼女に聞かれるまで。
「マカロン作ったことある?」

早速、彼女をランチに呼んで、マカロンを作ることに。
ランチメニュー? 
スパゲッティ カルボナーラ!
卵の黄身だけ乗っけるから、白身が使える! ってことで。

うちには旦那の13歳の娘もいたし、その友達も12歳の娘を連れてきたので、卵の白身、計4個分。

作り始めたときにもう一人フランス人がきて、マカロン談議。

「白身は3日くらいたってるのがいい」とか、「デリケートだからレシピ通りにちゃんと作らないと失敗する」だとか、横で言ってます。

第一、卵は今朝買った新鮮な奴だし!!
「カルボナーラに生の黄身乗っけるから新鮮じゃないとだめでしょ?」

アーモンドパウダーと粉砂糖を冷やしておかなきゃいけないことも知らずに作り始めに冷蔵庫に入れただけで、冷えてないもの使ったし。

絞り出し袋もマカロンを絞れるまともなのがないことにそのとき気がつき。。。
飾り用の絞り口をパン切りナイフで切り落としました。。。

バニラオイル入れるの忘れたし。

とにかく横であれこれ言われて、結局一人で作りましたよ。
「一緒に作りたい」と友達は言ったと思ってたんだけど「一緒に食べたい」だったのか、とその時思いなおし。

で、できましたん~。
1eressidemacarons.jpg
はさんだバタークリームには、ちゃんとバニラ、入れました。

いろんな味があるけれど、バニラ味が一番好き。

な~んだ、そんなに気を使わなくてもできるじゃ~ん、と、すっかりタカをくくって。。。

日本からフランスに戻ってきた最初の週末にあるフランス人一家にご招待にあずかっていたので、私がデザート係。

甘すぎないチョコレートムースケーキを持って行き、ついでにマカロン!
と張り切って3つのフレーバー。

抹茶、ゴマ、そしてバニラ。

第一番、抹茶・・・・・・思いっきり失敗。
これは混ぜ合わせるときに分量をすっかり間違えてました。。。 見た目もマカロンとはほど遠い。

第2番、ゴマ・・・・・・・見た目、大成功! 
と思ってたら、下側がちょい焼けすぎで、ちょっとだけクリスピーすぎる。。。

第3番、バニラ・・・・・・第一回目、天火の温度が下がらず、コーヒー入れたの?の色になっちゃいました。 すごいクリスピー。
第二回目、今度は温度を下げ過ぎて、ちょっと焼きが足りなかった。。。

失敗したの悔しくて写真なんか撮っちゃあいません。
「やっぱりあれは、ビギナーズラックやってんな~。」とだんな。
失敗したからやっぱりもっと作りたい、と思ってます。 
旦那を太らせるなんて朝飯前じゃ~。
極めるぞ~(笑)。

だったんですが、これらはこれらでそれぞれおいしかったです。
ちゃんと持って行きましたよ、友達一家の家に。
完食でした。



キッズパンツ3本と、アップリケしてみました。

皆様こんにちは。
気持ちの変化とか全くそういうのではなく、気がつけば最後の更新から約一か月。
4月は入園、入学、とほんとに忙しいですよね!(←って、フランスでは全く関係ありませんが。)

とにかくなんだか忙しかったような気がします。
そして、4月、フランスではイースター休暇、という2週間のお休みがあるので、その休暇を利用して、今回日本へ1年ぶりに帰ってまいりました。
(ちなみに今年のイースターは早くて3月でしたが)

とってもとっても短かったけど(1週間)、かなり満喫してきました。
ただただ気になったのは、あのムシキングがすっかりすたれていたこと!
去年とおととしゲットしたムシキングバトルカードを持って行っていつも行ってた店へ行ってもなし。
大きいとこなら、と行ってもなし。
文具、おもちゃ売り場のワゴンセールの中にはムシキングのお弁当箱など入っていて、すっかり寂しさを感じてしまいました。(もちろん購入)

かわいそうな龍ちゃん。
どれだけこのムシキングバトルを楽しみにしていたか。。。
本屋にも山積みにされてたムシキングのDVD付きの雑誌を即購入。 安さにびっくり。
と、その中の記事に、2008年春、新しい機械が登場!?  早速ジョイポリス(ゲームセンター)に電話して、機会があることを確認、行ってまいりました。
100円でかなり長く遊べたので、龍ちゃん大満足。

でも、日本ははやりすたりがかなりハイスピードなので、ついていけません。
どうか、次回帰った時にもまだ機械は残ってますように。


書きたいことは山のようにあるのですが、取り留めのない内容になるので、題名に書いたことを。

日本に帰る前に子供用のパンツを3本作ってました。
pantserin1.jpg
pantserin2.jpg
pantskian1.jpg

上2枚はらみーちゃん用。
2枚目はもっとダークな赤なのですが、写真ではなかなかほんとの色が出せないです
やっぱりちいさいのってすぐできるからいいですね。

と、らみーちゃん用2枚も縫ったら、今度は龍ちゃんが「僕のは?」というので、がんばって作りましたよ。
ドイツで買ってたデニム生地があったので、ジーンズ。
出来上がったら大きすぎてはいてくれません。 でも、秋にはきっと大丈夫かな?

そして、らみーちゃん用に買ったスウェット、どうやら男の子用みたいなので、無理やりアップリケ。
gileterin.jpg

パイル地(っていうんだと思う)の裏に接着芯を貼り、ハリネズミとピンクのキノコ。
女の子に見える~?

ちなみにらみーちゃんはほぼ90%、男の子と思われます。
髪の毛も少ないし、着させてる服があまり女の子女の子してないものが多いせいだとは思うのですが。
今月から「らみーちゃん、もうちょっと女の子化させる計画」を実行させたいと思います。

作りたいものいっぱい過ぎて、ちょっとひとつづつ頭の中を整理しなきゃ、という状態です。
花粉症辛い~です。

2008年05月05日 | Comments(2) | Trackback(0) | ソーイング

カルトナージュの残った小さい厚紙利用法 Part1

今まで、そーんな数でカルトナージュの作品を作ってきたわけではありませんが・・・。
それでもどうしても残ってしまう小さいグレー台紙(カルトン)やカルトネットの端切れ。

私の場合、もういらない紙は必ず小さくてもリサイクルしています。
「チリも積もれば山となる」
環境のことをちゃんと考える旦那を持ち、リサイクル王国のドイツに住んだおかげで私の心もできることはリサイクル。

そして今までは小さなグレー台紙などの端切れで、ミニミニ箱を作ってきました。
もうビーズアクセサリーを作って売ったりしていないので、それらを入れてお渡しすること機会もなく。。。 

それでも人と出会うことが多く、ちょっとした贈り物好きな私はよくタッグを使うことがあります。
今まではただの画用紙のような紙で、スクラップブッキングの紙や残り布を貼ってタッグにして名前を書いたりしてましたが、そうだ、どうせ貼るなら残りの厚紙使っちゃえ。
といっても、2mmの厚さのはかなりの厚さがあり、やってませんが、1,5mmの厚さなら大丈夫。

tagstagstags.jpg

写真では見えにくいですが、厚さのある厚紙を適当な大きさに切って、両面にスクラップブッキング用の紙などを貼りました。(写真上段の真ん中は違いますが)

1) 残った厚紙(1,5mm以下)を適当な大きさに切る(3x4cmとか、5x5cmとか)。

2) 好きな紙(スクラップブッキング用とかフィレンツェの紙とか色画用紙とか和紙なんかも)に貼り付け、乾いたら厚紙に沿って切り取る。 
裏面も。

3) パンチで穴をあける。 (これで厚すぎて無理な場合は、紙を両面に貼る前に厚紙に穴を開けて、片面紙をはったら最初の穴に合わせてあけ、裏面も同じように)

4) それだけでもOKですが、クラフトパンチで開けたモチーフを貼ったり、アイレットをつけたり、レタリングシートで文字をつけたり。 

文字を書く場合(あげる人の名前とか)は、片面にちゃんと書けるような紙を選びましょう。

ほんっと遊び感覚で出来ちゃいました。
落書き帳の最後の残った厚紙でもできますね。
画用紙の厚さのより、しっかりしててなんだか嬉しい。
気がつけば111個できていました。 

はっきり言って、スクラップブッキング用などの残りの紙も利用できるわけです。

今まで3~4cm以下の厚紙を捨ててた方、捨てる前に何かを生み出しましょう!


居合道新陰流パリセミナーと、4月の積雪

やっぱり一週間以上が経過してしまいました。
先々週末、居合道新陰流のパリセミナーがありました。

2000年に始まって今回で9回目。
オランダでも2004年からセミナーが毎年行われています。

私も初回から、パリでもオランダでも何度か通訳しました。
ほんとは毎回したいのですが、やっぱり幼子の母親である、という現実。
ベビーシッターさんに面倒見てもらった時もあるけれど、やっぱり2日間は厳しいようです。

とはいってもうちの旦那はもちろん毎回参加。
これが彼の生きがいの一つであるといっても過言ではないのです。

2000年に初めて出会った日本の先生方。
私は毎回お会いできたわけではないのですが、お会いするたびに、かないいいエネルギーをもらってしまいます。
私も居合道をはじめたくなるくらい。(始めないことに決めたんだけど)
今回の参加者~。
stagedeiaido2008.jpg

私は毎回みんなのカメラを持って写真を撮ってます。
なので、探しても私はいませんよ~。
龍ちゃんが先生の膝に座ってます。 
らみーちゃんはどっか行っちゃった。

今回、自宅がパリになったので、先生方を木曜の晩、御招待。
短い時間ではあったけれど、とても楽しかったです。
一番楽しかったのは、龍ちゃんかも。

新しい人がうちに来るたびにまずやってもらうこと。
Wiiでその人たちのMiiを作ってWii Sportsで対戦することです。
その前の週末のスペインからの友達もやっぱり龍ちゃんの相手になってました。

もしかして先生方のほうが楽しんだかも。。。(笑)
ほんとに毎回毎回、時差もあるのにすごい大変なスケジュールで、すごいなあ、と思っています。
先生方、ほんとにほんとにお疲れ様でした。

金曜からはボルドーからの参加者にうちに泊まってもらいました。
でも、いつも夜いないので、龍ちゃんとWii対戦はお預けでしたが。

という来客、プラス、セミナーに持って行くためにまたまたケーキばっかり焼いてました、この週末も。
食べてくれる人がいるのはほんと幸せ。

そしてセミナーの後、旦那が購入した袋竹刀、その入れ物を作りました。
やっぱり和風。
fukuroshinaibag1.jpg

帆布を使いました。
こんなに分厚い生地を使うのは初めて。
最後、裏返すとき、結構体力使いました。  
しわができちゃったけど、旦那は大満足。

で、袋竹刀とは?
ずぱり、袋に入ってる竹刀です~。
fukuroshinaibag2.jpg

使い方? 
居合道では刀(居合刀)を使うのですが、これは?
よくわかりません。。。

私の趣味も旦那はサポートしてくれてるから、旦那の趣味も、たまにはサポートしてあげなきゃね。

そして、今日は4月8日。
昨日の月曜日、朝起きてシャッターを開けたら、一面銀世界!?
naigeaparisenavril.jpg

4月だよ、4月!
しかも今年(今冬)の初雪!?
ちらっとは降ったことはあったのですが、積ったのは勿論のこと。
天気がよかったので、お昼までにはすっかり溶けちゃいましたが。
naigeaparisenavril2.jpg


この半年、なんだかずっと中途半端な冬のままです。
たぶん春も来ないでそのまま夏が来ちゃったりするんだろうな。。。 
は~るよ来い!


2008年04月08日 | Comments(2) | Trackback(0) | Happy days

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。